TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

ゆるキャン△おじさん、キャンプはしないでバイクにのる。ゆるキャン関係ない!


キャンプはしないけど志摩りんに負けないようにバイクツーリング行ってきました。

真冬の長野ではなく、すでに春めいていた房総に。
うちから2時間かからないですけど・・・

2018.2.19 千葉
今回はカメラは持っていかずスマホのみ撮影です。
館山は風もそれほど強くなく、日差しはもう春。走ってるときは寒いけど・・・

2018.2.19 千葉
改めてボクの愛車、YZF-R15です。\カッコイイ/
このサイズですが150ccです。

2018.2.19 千葉
お昼にちょっとだけキャンプっぽく。
ダイソーで買ったアルミ鍋(12枚入り)に固形燃料(3個入り)を入れて焼きあみ(2枚入り)乗せただけの簡易コンロで、近くのイオンで買った焼き鳥乗せて焼き立て風に
\オイシイ/

いろいろ簡易ストーブ的なもの考えてましたけど、300円で3回位使えるこの組み合わせはなかなかいいのでは?
案外火力強くて竹串が焼け落ちましたけど

館山道で館山まで走って、昼食&昼寝のあとは内房を海沿いに下道をとことこと・・・

2018.2.19 千葉
保田川沿いの頼朝桜(河津桜)ももう咲きはじめていましたよ

もうすっかり春を迎えた房総半島
気持ちいいですよ~


スポンサーサイト
  1. 2018/02/19(月) 19:28:03|
  2. YZF-R15&ZZR250
  3. | コメント:0

ゆるキャン△おじさん、聖地巡礼して真冬の本栖湖でソロキャンしちゃう! #ゆるキャン

現在アニメ放送中のゆるキャン△に影響され、テントを新調したボクですが、そうなったらやっぱり使ってみたい。

そんなわけでゆるーいきもちでキャンプ&聖地巡礼してきました。
ちなみにゆるーい気持ちというのは何も考えずにキャンプするということではなく、やばかったら帰るっていう意味のゆるーいです(真冬キャンプ、あぶないです)

目指したのは野クルの3人が初めてキャンプに向かった山梨県北部の笛吹周辺。

笛吹川フルーツ公園
ドーム型の建物が特徴的な笛吹川フルーツ公園です。



笛吹川フルーツ公園
ここからも富士山がキレイに見えます。

そしてさらに上に登っていくと

ほったらかし温泉
温泉!
キャンプと言えば温泉!ってことでこちらも作中に登場したほったらかし温泉。最初の目的地です。

まずは2つあるうちのひとつ、「あっちの湯」でののんびり温まります。めっちゃいい景色!
写真撮れないの残念ですがまあ風呂なので仕方がないです。

そして風呂上がりは・・・

ほったらかし温泉
「温玉揚げおいしいよー」「買ってってー」って声が聞こえてきそうですね

もちろん買います。

そしてこのあとすぐキャンプめしがあるわけではないので野クルが食べれなかった食事もしちゃいます

ほったらかし温泉
温玉揚げと桜肉うどん

ほったらかし温泉
温玉揚げ(゚д゚)ウマー





お次の目的地は・・・


四尾連湖
富士八湖のひとつ「四尾連湖」です。
ちょうど今リアルタイム放送中のお話の舞台ですね。

ここにたどり着くの結構たいへんです・・・クルマなんで走ってれば着くにはつくんですけど

四尾連湖
この道どっちー?
ラシーンが入っていったこの道の先の駐車場は有料なので、歩いていきましたw

四尾連湖
凍ってるー!
作中では紅葉の時期でしたが、今現在は湖の半分ほどは凍っていました。そしてテントサイトも白銀の世界・・・これはテント泊厳しそう。ちなみに予約が必要だそうですよ




そんなわけで結構時間を費やしてしまったので急がないとキャンプ地のチェックイン時間に間に合わない。でもその前に買い物しないとりんちゃんと同じくカレー麺だけになってしまう。


スーパー寄らないと・・・スーパーでバイトしている女の子、いましたね

セルバ(ゼブラ)みのぶ店
スーパーゼブラことセルバみのぶ店。犬山あおいちゃんがバイトをはじめたお店です。
あおいちゃんは居ませんでした・・・




52号を少し走って左折すると本栖みち。高校やらりんちゃんの実家モデルではないかなというあたりを抜けていきます。

本栖湖浩庵キャンプ場
到着!


本栖湖から眺める富士山!
ほら1000円札だしてみ?裏に描かれているでしょう?って場所です

そして、ここがゆるキャン始まりの場所。

本栖湖浩庵キャンプ場
志摩りんが1話でソロキャンプをした場所、そしてこのベンチに寝ていた各務原なでしこと初めてあった場所です。

本栖湖浩庵キャンプ場
キャンプ場は本栖湖浩庵キャンプ場と言います。受付後にこのチェーンを外して下りた先にキャンプサイトがあります。志摩りんがチェーン外してましたね。そして夜中、なでしこがチェーンに気づかず盛大にこけてましたね。

本栖湖浩庵キャンプ場
平日とあって、先客も3組程度、かなりゆったりできそうです。クルマもここまで入ってこれます。

ここをキャンプ地とする!


テント設営と日没の様子をタイムラプスでどうぞ

本栖湖浩庵キャンプ場
日本最高レベルの透明度を誇る本栖湖と絶景富士山と星空をバックに焚き火をしながらのんびり過ごす、お酒も呑んじゃう。
これを最高と言わずして何を最高というのか・・・

りんちゃんが冬キャンプにこだわる理由、わかります。

本栖湖浩庵キャンプ場

本栖湖浩庵キャンプ場

本栖湖浩庵キャンプ場

本栖湖浩庵キャンプ場

本栖湖浩庵キャンプ場



確かに寒い、手元のペットボトルが凍るほど

でもそれ以上の感動が





ボクの興奮っぷりはツイートでどうぞ

































  1. 2018/02/15(木) 23:29:30|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0

ゆるキャン△おじさん、テントを買う

mainvisual.jpg
現在放映中のアニメ「ゆるキャン△」が話題になっています。女子高生が女子高生だけでキャンプしちゃうって話なんですけど、これが意外にリアルな描写があったりしながらもゆるく楽しく、見ている視聴者にもキャンプに行かせたくなるような上手い作り方をしています。

影響を受けやすい僕ですが、今回も例に漏れずゆるキャンおじさんとしてデビューしました。

過去影響を受けたアニメと言えば・・・
けいおん!でムスタング購入したり、響け!ユーフォニアムでトランペット購入したりしていますが、今回のキャンプはちょっと違う。なにせほんの少しばかり過去にかじったことがありますからね!

そんなわけでさっそくキャンプに行く準備。

まあ、大体持ってました。
特に買い足す必要のあるものもなかったのですが、テントだけはポップアップテントという勝手に広がるテントでしかも快適性とかは皆無のただの屋根があるみたいなやつだったのでそこだけ探してみました。

で、購入したのがこちら

中国のアウトドアメーカー「NatureHike」というところの1人用テントです。Amazonでも10000円以下で購入できますが、ちょうどヤフオクに未使用品の出品があり5000円以下で入手することができました。
国内メーカーの有名ブランド品とも迷ったのですが、冬山登山するわけでもないのでまずオーバースペックじゃないもので検討したのですが同じようなスペックで1/3程度の価格で買えるこちらにしてみました。

届いてから一度部屋の中で設営してみたのですが、狭い部屋の中でも非常に簡単に設置できました。
テントというと以前はもう四苦八苦しながらってイメージだったのですが、最近のはすごく改良されているんですね。


でも、室内じゃ実際のところどうなのかがわからない。ということで昨晩からちょっと千葉の山中に出かけてみました。


ゆるキャン△
目星を付けていた場所がまさかの残雪!
まるで冬山登山な雰囲気ですが、ここに至る道路などは雪は残っていません。
上の画像では少し空が白みはじめていますが設営時はまだ真っ暗で、ランタンの明かり一つでの作業でした。
が、一度家でやっていたこともあってか非常に簡単に設置できました。
Amazonの商品説明などに詳細はでていますが、設置手順としては
・グランドシートを引き、四隅を付属のペグで固定(汚れるの嫌だったので自前のブルーシート:ホームセンターで500円程度を下にひく
・その上に2層構造のテント本体の内側部分を重ねてひとまず下に置く
・ゴムで連結されているバラバラのポールをゴムに従い繋いで先程のグランドシート&テント本体の四隅のハトメに入れる
・組み上がったポールの骨組みに先程のテント本体についているフックを引っ掛ける。
・その上にフライシートをかぶせ、その四隅をグランドシート四隅にあるバックルと連結する、必要に応じてペグもしくはロープを張る

これだけです、慣れれば本当に10分でできます










アニメに沿ってカレーヌードルを食べようと思ったのですが、さすがに気温が低く、お湯が沸くのにものすごい時間がかかりました。ガスボンベはCBという家庭用ボンベを使うタイプなのですが、寒い季節はアウトドア用のOD缶のほうがいいのかもしれませんね



さて、メインはテントを立ててカップ麺を食べることだったのですが、なんか結構人がいる。
何かと思えばみなさん雲海目当てでした。
ボクはいつもここで星空を撮って夜明け前に帰っちゃうのであまり気にしてなかったんですが、たしかに雲海、キレイでした。

ゆるキャン△

ゆるキャン△

ゆるキャン△


さあ、暖かくなったら今度は泊まりでキャンプしに行こう!









  1. 2018/02/04(日) 14:11:34|
  2. フィギュア・ドール・アニメ
  3. | コメント:0

Trn V10 中華なイヤフォン

Trn V10


中華なイヤフォン ZS5 ZS6ですっかり沼ってしまった中国発の低価格高スペックイヤフォンの世界(http://takenswk.blog1.fc2.com/blog-entry-3298.html)、またもずぶっています。



で、今回気になったのはTrnという新興メーカーのV10というイヤフォン。

2BA+2DDというZS6と同じスペックな上、ツイッターで公式アカウントをフォローすると27ドルという激安価格。
これなら失敗してもいいかなって感じでクリアの方をポチッと

数日後

まさかの日本Amazonで発売!しかも翌日配送ときたw
中国通販でポチった方はまだ船にものってないというのに・・・

ということでこちらも割引価格の3800円でポチッと、今度は黒で

そんな経緯でしたが、現在手元には先行して到着した黒と、中国から届いたクリアの両方があります。

Trn V10

で、肝心の音の方ですが・・・

箱出し直後は、ああこれ失敗した、そう思いました。
高音域はめっちゃ刺さるし、低域が刺さるし。噂になってた中音域が全然出ないってのは高音域が個性強すぎるからかなと思いましたけど。
しかしエージングが進むに連れてそのへんは気持ちよく治まってくれました。
箱出し直後の個性はなくなったけど、聴きやすい音になったかなと思います。
デジタルミュージックよりはアコースティックのほうが得意そうな印象です。

まあそのへんはきちんとした音ブロガーさまにおまかせしたいと思いますが個人的には100H 以上エージングした黒の方で

ZS6>V10>ZS5 でしょうか
ですが、ZS6とV10、正直迷います。というのも、音質的にはZS6なんですけど、V10の装着感が素晴らしい。こんなに耳にしっくりくるイヤフォンは初めてです。
装着時の耳への違和感が殆ど無いんです。
ZS6、ボクはそれほど悪くない装着感だと思うのですがそれでも耳に異物が入っているという認識は常に付きまとうわけです。
そしてメインイヤフォンであるJVCのFX1100、これは音で言えば先述の中華イヤフォンとは桁違いに好みなんですが、めちゃくちゃ装着しづらいんですよね。
そういうことを考えると街歩き常用イヤフォンとしてはV10はもしかすると最有力なのではと感じています。
ここまでくると欲を出してワイヤレスリケーブルしたくなってきますけど・・・


それとこれも先程ちょっと言いましたがエージング必須です。
エージングなんて効果あるのかよ、ボクもそう思っていました。でも最初の音と、数十時間後の音はまったく違います。
そんな比較の意味で動画撮りました。音質はカメラ付属のマイクなんでお察し、比較の意味でご覧いただければ

クリアは届いた直後の箱出しエージング0時間、後半の黒は100時間ほど音楽をかけっぱなしでエージングした状態です。
ともに音源はZX300、ケーブルも純正の同じものを使用しています。

それと、ZS6のときもありましたが個体によって多少ばらつきがあります。幸い外れではないと思いますが、黒の方はめちゃくちゃケーブル接続2ピンが固かったです。壊れる勢いで刺しました(そのあとは割合スムーズに抜き差しできるようになってます。すぽっと抜けるよりはいいです)


なかなか試聴して購入することが難しい中華イヤフォンですが、興味があったらぜひ




KZ ZS5
中華なイヤフォンにはまるきっかけなZS5

KZ ZS6
名機 ZS6 オリジナルデザインで再発売はよ!





  1. 2017/12/25(月) 19:32:17|
  2. music
  3. | コメント:0

ふたご座流星群 - Gemini meteor shower -

今日は12月14日、ふたご座流星群の極大日です。
天気もバッチリ、月明かりの影響も少なく絶好の星見日和ですが、明日は朝早くから仕事なので前日の昨日深夜にいつもの千葉県君津市九十九谷展望公園に行ってきました。
いつになく盛況な公園駐車場でしたが、ときおり雲はあらわれるものの、かなり環境的にはよく肉眼でもかなりの数の流星を確認することができました。

ただ、めちゃんこ寒いので服装には注意です

いくつかご紹介

Gemini meteor shower

Gemini meteor shower

Gemini meteor shower

Gemini meteor shower

Gemini meteor shower

Gemini meteor shower

撮影機材はD800EとD500とRX100M2です。
長時間露光とマニュアルでピント調整できればコンデジでも撮影できるのでぜひ今夜は空をみあげてみよう!

  1. 2017/12/14(木) 20:23:45|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TAKE



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する