TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

SONY ウォークマン NW-ZX300 お迎え!

最近ちょっとだけオーディオネタが増えてますね


SONY NW-ZX300

ソニーの新型ウォークマン ZX300が届きました!

今までのAシリーズを使ってきましたが、今回ランクアップ!初めてのバランス接続対応DAPです。

SONY NW-ZX300
バランス接続用の4.4mmジャックと従来通りのアンバランス接続3.5mmジャックがついています。

SONY NW-ZX300
せっかくのバランス対応ウォークマンですからケーブルも買ってみました。
NOBUNAGAケーブル「姫鶴」という4.4mm5極バランスケーブルをJVCのFX1100イヤフォンに接続

SONY NW-ZX300
ボクの耳でもその違いは充分すぎるほどに明確な違い。

メーカー推奨のエージング時間は100時間らしいので、このあとさらにどう変わっていくのか楽しみです!

スポンサーサイト
  1. 2017/10/05(木) 22:33:59|
  2. music
  3. | コメント:0

中華なイヤフォン KZ ZS6購入

最近巷で何かと話題になっている中国製の安価なイヤフォン

その中でも特に実売3000円台にして評価が高かったZS5の後継機となるZS6が手元に届きました。

KZ ZS6
KZ ZS6
ダイナミック型ドライバー2基+バランスド・アーマチュア型ドライバー2基による、ハイブリッド方式のカナル型イヤホン
まあ、ナンノコッチャという方も多いと思いますしぼくもつい最近までなんかすごそうだけどなにがすごいかわからない人間でした。簡単に言えば日本製で同性能のイヤフォンを販売すると2万前後の価格設定になるものが、34ドルで購入できました。
購入は中国の通販大手AliExpressを利用、中国版amazonマケプレみたいな感じです。
通常配送は時間がかかりますが送料無料で日本国内の配送は日本郵便が担当します。ぼくの場合は9月11日の注文で9月26日(不在だったので受取は27日)の配達、ちょうど半月でした。が、ぼくよりかなり前に注文してまだ届いてない方も居るようです。注文するショップにも左右されそうですね。


KZ ZS6
手前の青いのが前述のZS5、そして奥の緑が今回届いたZS6です。
サイズはほぼ一緒ですが、角の面取り形状とイヤーピース側の形状が少し変更になっています。
また、筐体の材質がプラから金属(アルミ?)に変更になり、また3本のスリット状の穴が空きました。


さて、実際聴いてみた感想ですが


開封直後に聴いてみた印象
(響けユーフォニアムサントラ視聴、DAPはウォークマンA16)
・全域、音がしっかり出ているが低音で少し掠れるような音になっている、硬い。
・中域、高域、特に金管楽器の音がすごく明瞭、トランペットソロとか感動モノ
・ドンシャリ傾向という事前情報もあったけど中域もしっかり出ていてとにかく破綻がない。
・女性Vo(南條愛乃、水樹奈々)の高域が刺さる(耳が痛い)
・音漏れやばい!ケース外側のスリットは実はスピーカーなんじゃないのかってくらい。雑音のない室内できいているので電車内だとどの程度かはわかりませんが、何か聴いているのはわかるレベル

ということで、完璧とまではいかないがこの時点で価格以上でした。

15時間ほど曲かけっぱなしでエージング。
ちなみにメーカー推奨は100時間

ボクはあまりオーディオの知識もなく例えば再生プレーヤーのエージングとかケーブルとかはオカルトの領域だと思っているタイプです。が、イヤフォンとかヘッドフォンのエージングに関しては確実にあると思っています。
イヤフォンなどは物理的な振動で音をだすわけですからクルマなんかと同じである程度慣らしが必要だと思います。音が良くなるではなく、安定するという意味で

そんなわけで、改めて試聴です

・気になっていた低音の掠れ音は改善、なくなりました。気持ちいい
・女性Voの刺さる感じ、これも改善、心地よく耳に入ってきます。気持ちいい
・上記改善し全域とにかく気持ちいい、モニターライクとはちょっと違う、メリハリがありつつ明確に聞き取れる音になっています。気持ちいい
・形状変更の恩恵か、耳にフィット(ぼくの耳基準)。筐体変更で多少重くなったと思われますが全然それを感じさせません、疲れません。

こりゃすげえぜ!ZS5で感動してZS6、どんなもんじゃろと試しに購入したけど、ここまでに仕上げてくるんだな・・・

もちろん、欠点もあります。
・付属イヤーピース、悪くはないけど安っぽいので手持ちのコンプライに変更しました。高音域が少し弱くなったけど全体のバランスは良くなった気がします。
・デザイン:某高級イヤフォンの丸パクリなんです、そりゃかっこいいわけだよねw分かる人にはわかってしまうと思うのでそのへんは覚悟の上で
・音漏れやばい。これは塞がなきゃ改善しないでしょってことで、ネット上では蓋をあけて中に加工する方も居るようですが怖いので外側からデコシールで塞いでおきました。低音がかすかに・・・ホント微かに籠もる!?こういう音だと思えばこういう音で納得できるので音漏れしながら聞くよりは精神衛生上はるかにマシだと思います
・ケーブルがやすっぽい。価格なりのちょっとゴムっぽい付属ケーブルなので、これはZS5のときに同時購入していた2ピンの銀メッキケーブルに交換しました。プラシーボ!
・多少の個体差、不良品の報告があるようです。うちのは問題なかったですが。


KZ ZS6



とまあ、今度出るDAP ソニーZX300が来るまでのつなぎとして購入したお遊びイヤフォンのつもりでしたが、このZS6に4.4mm5極のバランスケーブルつなげてみたくなってしまいました・・・(沼)

現在、中国発送ではありますが、日本のamazonからも購入できますので気になる方はぜひ!おすすめできます。








・・・・あっ!



  1. 2017/09/28(木) 17:59:17|
  2. music
  3. | コメント:0

ヘッドフォン購入 DoubleZero 001 

仕事帰りに秋葉原寄って、そのまま衝動買い・・・

DoubleZero 001というヘッドフォンです。
http://www.double-zero.com/jp/

海外では有名だというDJのZeddさんという方がこだわって作られた製品のようです。申し訳ありませんちょっと存じ上げなかったのですがこの製品に関わっているのがフィギュアメーカーグッドスマイルカンパニーの安藝貴範社長ということで、そっち繋がりで気にはなっていたものの手持ちのヘッドフォン・イヤフォンで現状は満足していたので購入を検討することもなかったのですが・・・




秋葉原のグッドスマイルカンパニー本社1階でこの製品の特設体験会場が設置されていたので冷やかしのつもりで試してみました。

いいですね・・・


音に関しては特徴らしい特徴は良くも悪くもあまりないです。それゆえにすごく扱いやすい、聴き疲れしないヘッドフォンだと思います。いわゆるモニターライクってやつなんでしょうか。長時間付けていられるヘッドフォンって重要だと思うんですよね。
そしてそれをさらにサポートするこの質感と重量とデザイン!これこそがこのヘッドフォンの真価だと思います。ボクの決定打はここ、とにかく付けていて違和感が少ない。
ヘッドフォンの頭に異物が乗っている感が今までのヘッドフォンよりも格段に少ないので聞いていて音的にも物理的にも疲れないんですよね

デザインに関してはこんな感じ
DoubleZeroヘッドフォン
至ってシンプル。ロゴはバンド部の頂点にあるのみです。飽きの来ないデザインだと思います。
今回購入したのは黒ですが、実は白のほうが好みです。でもちょっと汚れが目立ってきそうなのでここは黒で

DoubleZeroヘッドフォン
イヤーパフの中でちょっと主張w
ちなみにイヤーパフは取り外し可能ですが、今のところ交換パーツとしては品揃えがありません。今後の要望次第
だそうです。価格帯は2000円くらいならって言っておきました

DoubleZeroヘッドフォン

DoubleZeroヘッドフォン
折りたたみ可能です。付属のハードケースに収納可能です


DoubleZeroヘッドフォン
ヘッドフォンハウジングの左右にプラグ挿入口があり差し替え可能なのでこれはちょっと便利そう


ということで実際に聴きながらこのブログを書いていたのですが・・・


先程音にはそれほど特徴がないようなことを書きました

訂正します


デジタルサウンド最強!
めっちゃいい!


うんうん、さすがにDJが作ったヘッドフォン、電子の海が押し寄せてくる!

ボクの大好きな浅倉大介サウンド、そしてfripsideサウンドに激ハマりなヘッドフォンです!

定価19800円という価格帯のヘッドフォンとしてはとても良く出来ていると思います。
ちなみに商品開発はONKYOさんだそうです。そりゃいいはずですね・・・

  1. 2017/04/28(金) 00:05:13|
  2. music
  3. | コメント:0

SONY ワイヤレススピーカー SRS-X88購入


購入備忘録です。レポは特にありません

SONY-SRS X-88

明日6月11日、ソニーのワイヤレススピーカーの新製品 SRS-ZR7 の発売日です!
当初、これを買おうと思っていたのですが、よくよく見てみると、HDMI搭載したのですが、うちにある機器ではその恩恵を受けられないことが発覚してどうしたものかってときに、都内家電量販店でこの前機種にあたるXー88が展示品特価で販売されているじゃないですか。
しかもかなり安い!

ZR7が新製品であり価格が40000円程、そしてこの機種からHDMIを抜いて、ちょっと大きいというくらいしか大きな違いが見られない前機種の
Xー88の実勢価格が36000円くらいなところに、展示品であり、リモコン、取説などの付属品なしで、本体とACアダプターのみという状態ながら18000円という破格!

これは逃す手はないってことで、このX-88を購入してみました。

まあ、いろいろありましたw 展示品というだけあってその辺のリスクはわかっていたつもりだったのですが、まさか本体パーツが欠損(破損)していたなんてw
うまい具合に交換対応してもらって、今手元にある商品は擦り傷程度で問題はありません。

ちょっと、余計な手間はかかりましたが、なかなかいい具合です。

ワイヤレススピーカーではありますが、電源はケーブルで繋がないといけないのですが、それ以外は必要ありません。
今流行のハイレゾ対応、そしてソニーの通信規格LDAC対応で、Bluetooth通信でハイレゾ相当の再生が可能になっています。
ですので、手持ちのウォークマンA-16をNFCタッチするだけでハイレゾ再生が可能。
また室内でのWi-Fi接続が可能であり、これにより同じネットワーク内にあるPCからの再生にも対応しています(こちらは音質劣化はないそうです)

まあ、そこまで音に対して厳しい訳でもないんですが、どうせならいい音って言われてるもので聞きたいので、いい買い物したと思っています。

一つ、なやんでいることが・・・

付属してこなかったリモコン、ソニーストアで買えるのですが、問い合わせたら2700円とのこと。
絶対必要なわけではないのですが、あったらあったで便利そう。でもせっかく本体安く買ったのに、そこに2700円出すのはどうしたものかと

  1. 2016/06/10(金) 22:19:59|
  2. music
  3. | コメント:0

購入) JVC WOODコーンイヤフォンシリーズ FX1100を購入しました

新年一発目のブログですけど、あまりそういうのは気にしないタイプなので、いつもどおりに

といいつつ、年末年始、毎年のこととはいえちょっとお仕事大変でした。
その疲れを癒やすべく、いつもの衝動買い

衝動買いとは書きましたが、1ヶ月前くらいからずっと悩んでて、なにかにかこつけて買ってしまおうとは思っていたのですが、ちょうどヨドバシで期間限定特価が出てたので、川崎のヨドバシで購入してきました。

さて購入した商品は

IMG_20160102_231522
JVCケンウッドのイヤフォン HA-FX1100 です。
11Φウッドコーンユニットだったり、6N OFC網組ケーブルだったりと、ボク史上最高級イヤフォンです。
数カ月前にハイレゾブルートゥースヘッドフォンのソニーMDR-1ABTを購入していますが、定価では大きく上回るイヤフォンですよ。そして実売も安くなったとはいえ、諭吉さん3人超え。オーディオマニアとかではないのでとてもお高いです。

でもでも、これだけは気になっていました。

なぜなら

IMG_20160102_225410
このFX1100でJVCってウッドコーン採用イヤフォンも3世代目になるからです。
写真左から、FX500、FX700、FX1100となります。
FX1100の前にFX850という機種があるのですが、FX700購入直後の発表だったので、見送り、そして昨年そのFX850のリニューアル版というか、別バージョンとしてこのFX1100が発売になりました。
それから1年が経過し、ようやく価格もこなれてきたところでの購入です。

IMG_20160102_225423
ぼくの耳はまさに素人の耳です。
細かいレビューはその道の専門家さんにお任せします。
ぼくの拙い言葉で伝えられることは、低音域の自然な迫力と高音域ボーカルの明瞭さ、これにつきると思います。
accessの貴水博之のハイトーンボイスと浅倉大介の緻密に計算された音があますところなく伝えられ、また南條愛乃の透き通るボーカルが心地よく耳に伝わる。耳に伝わるというよりも、いま目の前で歌っているかのように感じられる。これで十分です。
実際に聴きましょう。感動できます。

accessの曲なんてもう20年以上、何度も聞いています。それはもうわざわざ聞き返さなくても脳内で再生できるくらいに・・・
そう思っていました。
聞いたことがない音が聞こえる。いや、聞いていたのかもしれない、意識すれば聞こえていたかもしれない音が明確に主張している。かといって邪魔するわけではなく、新たな一面を見せてくれる。
まさか今まで何度となく聞いてきた曲で鳥肌が立つなんて思いもしませんでした。

ということでぼくのおすすめする方法は、一番好きな曲、今まで何度となく聞いてきた曲。それを視聴することで新たな感動が得られるならそのイヤフォンは買いなんだと思いますよ。




IMG_20160102_225438
ついでにこちらも購入。
コンプライっていう低反発イヤフォンチップです。
FX1100には400シリーズが適合します。
これは先日購入したモニターイヤフォン MEElectronics M6 Proにサンプルとしてついてきたものがとても良かったので、同時購入しました。


先日のFX1100、今の状態でも良い音鳴らしてくれるのですが、エージング100時間で結構変わってくるらしいのでこの後も楽しみです
  1. 2016/01/02(土) 23:41:10|
  2. music
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

TAKE



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する