FC2ブログ

TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

ひたち海浜公園のネモフィラを見てきた (Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか その3 #Huawei #P20pro


ゆるツーのつもりが何故かこんな遠いところまで・・・

2018.4.20のひたち海浜公園ネモフィラの丘はまさに見頃でした

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ
本日の愛車 YZF-R15


うーん、P20proの画面ってかなり輝度が高めなんですかね?
家のEIZOのカラーマネジメントモニターで見ると結構暗く写ってますね
参考のため画像はいじってません、スマホからの撮影データをそのままFlickrにあげてます
  1. 2018/04/20(金) 20:32:57|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか その2 #Huawei #P20pro


房総半島をドライブしてきたついでに

Huawei P20pro
星景撮りたかったんですけど雲が・・・それでも雲間から肉眼では見えなかった星が撮れてます

Huawei P20pro
朝焼け・夕焼けモード


Huawei P20pro
九十九谷展望公園から見える雲海です

Huawei P20pro

Huawei P20pro

Huawei P20pro
房総スカイラインのパーキングから

Huawei P20pro
道の駅ローズマリー公園
青空モード

Huawei P20pro
モノクロモード

Huawei P20pro
花モード

Huawei P20pro
アパーチャで背景ぼかし

Huawei P20pro

Huawei P20pro


Huawei P20pro
稲毛海岸
夜景モード

Huawei P20pro

Huawei P20pro

  1. 2018/04/19(木) 22:50:59|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか #Huawei #P20pro

先日購入したHuawei P20pro。
スペック上では他機種を圧倒するスマートフォンですが、実際に写りはどうなのか?

ということで千葉市動物公園で試しに撮ってきました。
画像クリックでFlickrページに飛びます。
そちらでオリジナル画像のダウンロード、EXIFデータの確認もできますのでどうぞ

4000万画素
いきなりですが最高画質の4000万画素写真です。
といってもブログ用の縮小かかった状態です。

あえて、元データのままのせるとこう

4000万画素
スマホとかから見ると縮小かかっちゃうかな?
四隅はさすがにちょっと流れてます。が、中心付近の解像度は一眼レフ機並


高感度
これは夜行性動物がいるゾーンで夜間撮影モードで撮影したもの。
かなり薄暗い環境での手持ち撮影です。
ISO1000 SS1/17 F1.8


高感度
こちらも同じく夜行性動物ゾーン
ISO5000 SS1/17 F2.4

ちなみにおなじ条件のものをソニーの1インチセンサーコンデジRX100M2でも撮ってみました
高感度
ISO25600 SS1/6 F4.5

それぞれカメラにお任せでの撮影ですが、RX100M2がISO25600なのに対し、ISO5000で撮影したP20pro。
出てきた絵にそれほど違いが感じられないと思います。
てかスマホでここまで撮れるのはやはりすごい

ついでにズーム性能も比較。
RX100M2とP20proでは画角が違うのでおおよそ似たようなところで比較してます

RX100M2 等倍
1倍


P20pro 等倍
1倍




RX100M2おおよそ3倍(光学ズーム)
3倍

P20pro 3倍(光学ズーム)
3倍




RX100M2おおよそ5倍(デジタルズーム)

5倍


P20pro 5倍(デジタルズーム)
5倍


縦位置、横位置で撮ってしまう、色温度を合わせてない、という致命的なミスをしていますが、遜色ないんじゃないでしょうか



その他、いろいろ撮ってますが、いずれもスマホ任せのオート撮影。
AIにより的確に被写体を識別し最適なモードに切り替えていきます。

ただし、風景の遠方に動物なんかが居るシーンではやはり風景と認識したり、ライオンを背中から狙ってもペットとは認識してくれなかったりとかがありました。人間ほどの識別はまだ難しいのでしょうね

いろいろ

いろいろ
とにかく逆光に強い。今回撮影してませんが夜間に光源が奥にあっても手前の被写体をしっかり捉えます

いろいろ
残念ながらペンギンをペットとは認識できず。4本脚とかが条件だったりするのかな

いろいろ
色鮮やかな体毛を再現できてます

いろいろ
中程にピントをあわせ、手前と奥をうまくぼかしてます
先程の写真でもありましたが広角の明るい風景では周辺減光と流れは気になります


いろいろ
AIは青空をピックアップしました
ちょっとサバンナっぽい風景。千葉だけど

いろいろ
空の明るさに引っ張られることなく緑を映しています



自宅での試し撮り
フィギュアを撮ってみました

アルター絢瀬絵里

アルター絢瀬絵里

アルター絢瀬絵里
接写もこなせます。が、瞳にピントを合わすのがなかなかむずい。このへんの歩留まりは一眼のほうがいいですね。


一番試したいシーンは星景写真なんですが、P20pro購入後、全然夜に晴れません・・・・





  1. 2018/04/17(火) 20:09:01|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:2

Huawei P20 pro着弾! #Huawei #P20pro

超期待していたスマートフォン
Huawei P20 pro、いよいよ発売になりました!
Huawei P20 proの可能性

まずは西ヨーロッパからの展開ということでドイツで先行予約が始まったのですけれども、いてもたってもいられず予約開始日にドイツAmazonで予約したものの、発送予定日にも発送されず発売日になっても音沙汰なし・・・まさか海外Amazonでまでkonozama食らうとは思いませんでした。
翌日お詫びメールとお詫びクーポンが届きましたが、商品は1~2週間後入荷次第発送になるよってことだったのでキャンセル。
で、その後に発売を控えていたフランスAmazonでぽちっと・・・

が、なぜかアカウントロックされる事態に!
全く意味のわからないフランス語をグーグル先生となんとか訳しながら奮闘すること数日。なんとかアカウントは復活しましたが、商品は結局キャンセルしてしまい最終的には香港に拠点を置くETORENという海外通販サイトで購入にいたりました。
代金支払いはPayPalを利用でき、また海外サイトながら日本語対応ページもあるので日本国内と同じように買い物ができるのでおすすめです。また、関税など込の売価がつけられているので明朗会計なのもポイント高いですね。

注文翌日には発送されさらに翌日には成田の税関に到着。税関で少し遅延が発生したため受け取りは1日遅くなりましたが、予定通りにすすむと注文2日後には国外(今回はシンガポール)がら届いてしまうという素早さです(FedEx別料金)

さて、そんなP20 pro
さっそく開封です。

Huawei P20 pro
白い化粧箱をあけると美しい端末が姿を現します

Huawei P20 pro
P20 pro最大の特徴でもある3つのレンズ。
予想はしてましたがなかなかの出っ張り。これ、ケース付けないとちょっとひっかけて壊しそうなくらいです(iPhoneXよりは出ていないそうです)
そして、ブルーを選択したのですがとてもきれい。でも指紋べったりつきそうですw

Huawei P20 pro
付属品です。
ご丁寧にTPUケースまで付いてきます。
端末がグローバル版なので充電用のプラグは海外仕様です。
あとはUSB Type-Cケーブルとイヤフォンです。


Huawei P20 pro
現在使用中のHuawei P9との比較です。
横幅は一緒、縦が少しだけP20 proのほうが長いですが持った感じではほとんど同じです


そんなサイズ感のほとんど変わらない2台ですが・・・


Huawei P20 pro
ディスプレイ領域はここまで違います。
ノッチディスプレイ(上部の切り欠き)、結構不評でしたけどこれ慣れちゃえば気にならないな~

さて先述の通りグローバル版での購入のため技適認証マークはついていませんでした。なので通信はせずカメラ機能のみを軽くお伝えします。

Huawei P20 pro
技適はなくても日本での発売前提でしょうからもちろん日本語が選択できます。


では、肝となるカメラを使ってみましょう

まずは普通に撮影
P9
こんな環境です

P20 pro
普通に撮ってこれです
この時点でそこらのコンデジ性能を凌駕しちゃうんじゃないかってくらいです
ちょっと色の乗り方がおかしいんですけど、環境光がめちゃくちゃだったので解像感だけ見てもらえればと思います。
光学3倍ズームになっています。

それではこの機種の最大の特徴、高感度撮影です。
とはいっても実はプレスリリースで出ていたISO感度102400には今後のアップデートで対応予定なのでまだ力を隠している状態です

P9
ではこの状態で撮ってみましょう。
撮影は三脚固定での夜間撮影モードです。

P20 pro
肉眼でも確認できないフィギュアがばっちり写っています。
いやまあ、三脚固定の51秒露光だったらそりゃ映るよね(スマホで51秒露光できることのほうがすごいけど)


じゃあじゃあじゃあ、手持ちで撮ったらどうなる?

ちょっと屋外に出てみました
P9とP20 proで比較してみます。
いずれの写真も手持ちで撮影モードは「夜間撮影」、SSから感度からすべてお任せです。

ある程度明るい自販機です
P9
P9 SS8.8です。
ライトの当たっているところはまあ見れますが、それ以外は厳しいです

P20 pro
P20 proです。
SS5.0.多少ぶれが出ているところもありますがかなりくっきり解像しています。


ではもっと光量が少ない景色を

P9
P9、さすがにちょっと厳しいです。

まあP9自体が発売から2年経っているモデルですしそれと比べちゃうのもどうなのって?って今さらですけどそんなわけでぼくが出かけるときにほぼ持ち歩いているコンデジ、ソニーのRX100M2と比較しちゃいましょう。
RX100M2は1インチセンサー搭載のいわゆる高級コンデジと言われる部類のカメラです。
これのオート機能で撮影してみました

RX100M2
さすがっす!
ƒ/1.8
10.4 mm
1/8
ISO3200
SSが遅いこともあって多少木々がぶれていたりしますが建物などはびしっと線が出ています
またノイズもそれほどありません。
ソニーの高感度時のオート撮影は長時間露光ではなく複数枚をカメラ内で合成することでHDR風な処理をするそうです。

そしてその機能、P20 proでもAI搭載で実現しているらしいんですよね

そんなわけでP20 pro、スマホカメラでの撮影がこちら
P20 pro
これ、言われないとスマホ撮影とは思えないでしょう

RX100M2と比較すると多少ノイズが多いのと、一部処理が不自然な場所もありますが、常に持ち歩くコンデジとしては十分なレベルに達していると思います。

本当は先日P9で試した星景写真に挑戦したかったのですがあいにくの曇り空なのでそれはまた後日試してみたいと思います
P9




  1. 2018/04/13(金) 00:23:12|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proの可能性 #Huawei #P20pro

とうとう発表されましたね、中国のスマホメーカーHuaweiの新機種P20シリーズ、その中でも気になるP20 pro!
Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global




今現在、メインで使っているスマホがHuaweiのP9(P20の2世代前)でして、こいつでも充分なスペックなんですけどなにせバッテリーがへたってきて、普段仕事の日ですとそれほど使用頻度も高くないのでバッテリーももつんですが、これがちょっとどこかに遊びに行ったら写真は撮るわ、ナビは使うわ、ツイッターしてるわで半日ぐらいしか持たない。
しかもこの機種の抱える問題として、バッテリーが50%切ると突然シャットダウンという症状を抱えてまして、予備機とモバイルバッテリーがかかせなくなるのです。
バッテリー交換サービスもあるのですが一律13000円。自分でもできそうですが、どうせならってことでP20 proを検討しちゃいます!

さて肝心のスペックなどはネット記事が詳しいのでそちらを参照ください

40MPカメラ、ISO102400って何事だ!?「Huawei P20」「Huawei P20 Pro」発表
ファーウェイP20 ProとP20、Mate RS詳細写真レポ。プレゼンではわからない点に肉薄
Huawei、「スマホ最高の総画素数」ライカトリプルカメラ搭載「P20 Pro」
「HUAWEI P20 Pro」のカメラは何が変わったのか? 実機をいち早く使ってみた

とにかくどの記事でも注目を集めるのはそのカメラ性能。そしてボクが気になる部分もそこ!
低価格コンデジがほとんどスマホカメラに駆逐されてしまった現在、そのスマホカメラは高級コンデジの領域まで踏み込んできています。そんな中現れたのがこのP20 pro。
ファーフェイのスマホといえばLeicaライセンスの二眼レンズ搭載カメラが特徴的ですが、今回はなんと三眼です!
F2.4レンズで800万画素の3倍望遠カメラ
F1.8レンズで4000万画素RGBセンサーのメインカメラ
F1.6レンズで2000万画素モノクロセンサーのカメラ

4000万画素!


Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global(1)



一眼カメラの世界ではもう高画素化の流れは落ち着き(高画素=高画質ではないため)、今は違った特徴を追い求めるようになっていますが、スマホカメラで4000万画素は想定外でした・・・
そして、一眼レフカメラの世界で違った特徴を追い求めるようになったと書きましたが、それが高感度化です。少ない光(暗い場所)でどれだけ撮れるかですが、ここも抜かりがありません

1/1.7型の画像センサーを搭載
「102400」のISO感度


えーと、スマホですよね?

まずセンサーサイズですが、もちろんこの数字はスマホ初(パナソニックのCM1/CM10ってのがありましたがあれをスマホというのかandroid搭載デジカメと言うかは難しいところ)、下手なコンデジより大きいです。

そしてISO102400・・・

この数字どこかでききましたね
ニコンが2016年に出したフルサイズ一眼レフフラッグシップ機D5の最高感度
キャノンが同じく2016年に出したフルサイズ一眼レフ機EOS 5D Mark IVの拡張最高感度です
いずれも現行機です。
画素数とISO感度だけなら2大カメラメーカーの最高級機と同等、もしくはそれ以上というとんでもないスペックを謳っています。
もちろんセンサーサイズもありますし、あくまでもスマホカメラの中での話ですし、スペックだけが全てではないカメラ業界ですから実際のところはどうなるかはわかりませんが、このインパクトは絶大です。


Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global(2)
カメラ界隈でよく比較に用いられる基準にこの DxOMarkというサイトが用いられるのですがそれのモバイル版比較において驚異の109点という数字を叩き出しています。というかこれ100点満点だと思っていました。
Huawei P20 Pro camera review: Innovative technologies, outstanding results

Screenshot-2018-3-31 Huawei P20 Pro camera review Innovative technologies, outstanding results - DxOMark





このスペックがスペック通りの実力を発揮してしまったら高級コンデジ市場すら駆逐してしまうかもしれません。
とはいえ、ボクもなのですが、カメラ専用機のメリットは画質云々もですがそれと同等にハードキーや物理的構造による取り回しの良さだと思っているのでそれはそれで必要だとは思っていますが、そうではないただ写真を撮りたい人にとってはこれだけで撮影、アップロードまでこなしてしまう驚異の端末になるでしょう。

スマホとしては容量128 GB 6 GB RAM, Android 8.1搭載と最近らしいハイスペックです。
また薄型にもかかわらず4000mAhという大容量バッテリーを搭載して電池持ちも期待できそうです

ちなみに発表前に期待されていたワイヤレス充電、felica(おさいふケータイ)、そしてイヤホンジャックは非搭載となってしまいました。また、外部記憶媒体(microSD)にも非対応です。
ここはちょっとザンネン


さて、めっちゃほしい!ってなっているわけですが、3月31日現在、日本での発売は未定となっています。
とはいえ、HuaweiCEOは日本での発売を示唆していますし、どうやらドコモ版が技適認証を通過したそうです。
気になるのはドコモ専売モデルになってしまった場合はSIMフリー端末ではない可能性。そしてドコモ発売となると夏商戦に合わせる形でグローバル版より大幅に発売が遅れてしまう可能性です。
グローバル版のP20 proは西ヨーロッパ各国で4月6日発売がアナウンスされており実際ネットショップ等にも登録されています。いち早く手に入れたい場合は技適云々の問題もありますが、こういった海外通販を利用するのも手だと思います。






P20-Pro-Bose-837x500.jpg


ちなみになんですが、西ヨーロッパでP20 proを購入すると899ユーロ(日本円で今現在のレートで11万円くらい)なんですが、4000人限定でBOSEのワイヤレスノイズキャンセルヘッドフォン Bose QuietComfort 35 IIが貰えるキャンペーンがあるようです。899ユーロの端末に380ユーロのヘッドホンが無料で貰える・・・日本でもないかな?
Huawei P20 Pro für die ersten 4.000 mit Bose QuietComfort 35 II umsonst
日本の場合はキャリアが発売するとしたら端末割引があるでしょうから難しいかもしれないですけどね


というわけで超期待しているP20 pro、日本国内での発売がいつになるのかわかりませんが、先述のAmazon.de(ドイツのアマゾン)でブラックのみ日本国内に発送可能となっています。
ドイツで購入する場合は899ユーロですがここにはVATというドイツの消費税が含まれているので日本に発送する場合はここから20%ほど引かれて755,46ユーロとなります。
ここに送料とImport Fees Deposit というAmazon独自の関税先払いシステム(差額が発生した場合は後日返金される、コレ以上支払うことはない)が発生しトータルで846ユーロほどで購入可能です。
Screenshot-2018-3-31 Order Details
お急ぎ便みたいなのを使えば発売から1週間ほどで届くと思います。







Huawei P20 Pro vs Huawei Mate 10 Pro
現フラッグシップ機Mate 10 proとの比較


Huawei P20 Pro vs Apple iPhone X
真っ向勝負となるiPhoneXとの比較


こちらも真っ向勝負となるGalaxy S9+との比較

iPhoneX、Galaxy S9+、そしてこのP20 proの三つ巴勝負、どれも甲乙つけがたいところでしょうね。実際にどれも触ったことないんでボクからは何も言えませんが・・・


  1. 2018/03/31(土) 19:23:00|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

TAKE



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する