TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

YMO26年ぶりイベント出演決定!

高橋幸宏さん、細野晴臣さん、坂本龍一さんの3人で活動することはその間もありましたが「YMO」という名前での活動は26年ぶりだそうです

http://www.j-cast.com/2009/04/16039613.html

以下引用
大物テクノバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が26年ぶりに日本で「復活」することになった。これまでメンバー3人が一緒に活動することはあったが、「YMO」の名前は封印していた。なぜ復活なのか、ネットではいろいろ憶測も出ている。

「YMO」という名前は日本では使っていない
「YMO」は高橋幸宏さん(56)、細野晴臣さん(61)、坂本龍一さん(57)によるテクノバンドで1978年に結成。楽曲「テクノポリス」「ライディーン」と続け様に大ヒットを飛ばし、彼らが奏でる電子音はもとより、その髪型、服装まで真似る若者が続出。社会現象にまでなった。「散開(解散)」したのは83年だが、日本の音楽に与えた影響は非常に大きく、以降、メンバーの3人はソロでも活躍してきた。

そんな3人が、26年ぶりに日本で「YMO」として登場することが決まった。09年8月9日に東京・夢の島公園陸上競技場で開催される野外ライブイベント「ワールド・ハピネス2009」がそれだ。

ただし、この26年間、メンバーの3人が一緒に活動することはあった。その時のバンド名は「xYMO」、「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」、「HAS YMO (ハシモ)」であり、「YMO」というオリジナルの名前は日本では使っていない。

今回の「YMO」としてのライブは、高橋幸宏さんの呼び掛けで実現したのだそうだ。どのバンド名で出演するか、となったときに、高橋さんが、

「名前はイエロー・マジック・オーケストラでいいよね?」
と2人に言ったところ、あっさりと決まってしまったという。

「バンド名のこだわりがなくなった」が真相
高橋さんの所属事務所オフィス・インテンツィオによれば、日本では「YMO」を使っていなかったものの、海外公演では何度か使われていたそうだ。日本で使わなかった理由は、3人が一緒に演奏したいと考えたとき「YMO」を名乗ると、「再結成だ!」といらぬ騒ぎになることが想定され、それを避けるのが目的だったという。

しかし、海外では「YMO」の知名度はいまだに高く、08年6月に行われた28年ぶりのロンドン公演では、「YMOで出演してほしい」というオファーがあった。

「昨年もYMOの名前でロンドンのステージに立っていますので、既に、日本でどの名前にするか、などというこだわりは無くなっているのだと思います」
と同事務所ではJ-CASTニュースに説明した。


引用終わり

まあ、なんにせよ日本のテクノ界に革命を起こしたこの3人の活動がまた見れるというのは(またといってもリアルで見たことはないですが・・・)非常にわくわくしますね!

そういえば「テクノドン」のときのクレジットってなんだったっけ?
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2009/04/18(土) 13:27:55|
  2. music
  3. | コメント:0
<<ソフト麺 | ホーム | StudieGLADR@cing 第2期個人スポンサー募集開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する