TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

BILLION ブレーキフルード

新年1発目のブログです!
一応メインのクルマネタで行きます~!

昨日実家の帰りにスーパーオートバックス柏沼南に数年ぶりに行ってきました。
目的はブレーキフルード交換。

先日の富士スピードウェイ走行会で1度フェードしたまま、無交換で走っていました。まあ日常走行では特に問題はなかったんですけど、今月15日にまた富士に行く予定があるのでその前にはやっておこうと思ったわけです。

ところが・・・

目的のフルードはあった。



しかしレジがちょっと慌ただしい・・・

帰ってきた回答は

オイル交換待ち、今申し込むと夜になるんですがどうしますか?


ただいまの時間午前11時です・・・


ごめんなさいしてきましたw新年の4日に行ったボクが馬鹿でしたね




で、その後オートウェーブやイエローハットなどにも寄ったのですがこちらはお気に入りのフルードがおいてない


そのまま帰ろうかとも思ったのですが、そのとき気づいた!
そうだ近所にいいところがあるじゃないか!!!

近所のタイヤ館に何気にクルマ関係で一番付き合いの長い友人が勤めているんです。


さっそくそこへ


残念、お気に入りのオイルはありませんでした。
メーカーにも問い合せてもらったのですが、メーカーは週明けまでおやすみらしい(うらやましい、仕事しろ!w)

ということで代わりのおすすめ品で交換しました



BILLIONのスーパーブレーキフルードです!

実用域での性能を重視して開発された、ビリオン スーパーブレーキフルード。
サーキットでも安心して使用できる、DRY沸点330℃と、交換した瞬間から実感できる強靭な
ペダルフィールを実現しました。
また、高沸点ながらも、純正同等のメンテナンス性を兼ね備えたレーシングスペックの
ブレーキフルードです。

ドライ沸点330℃! 1%ウェット沸点283℃
強靭なペダルフィール 使用条件 -10℃以上
ロングライフ 液体カラー:ブルー


ビリオンのブレーキフルードシリーズは、高沸点でありながら安心のグリコール系素材で
製造されています。
一部の高沸点ブレーキフルードで使用されている、「シリコン系」のように、ゴムに対しての
攻撃性やライフサイクルが極端に短いといったことがありません。
ライフサイクル、メンテナンス性とも、純正フルードや、通常のDOT4と同等レベルですので、
もちろん、ストリートでの長期間の使用にも対応できます。



ということでその効果は1/15のグッスマレーシング主催の富士スピードウェイ走行会で!


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/05(水) 21:26:39|
  2. ランエボ
  3. | コメント:0
<<スタッドレス買うほどでもないので タイヤ滑り止めオートソック | ホーム | グッスマ走行会に向けて、オートソック(Autosock) 布製タイヤチェーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する