TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

Vixen POLARIE(星空雲台ポラリエ) 簡易赤道儀購入 今夜星を見に行こう!

あれがデネブ・アルタイル・ベガ 君は指差す 夏の大三角 覚えて 空を見る

ってことで、星のシーズンといえば冬な気もしますがそれに備えて夏から星景写真に挑戦しようととうとう買ってしまいました!
Vixen POLARIE


星空雲台 ポラリエ
星空をひとつの風景として、地球と宇宙の美しさを1枚の写真に残す・・・それが「星景写真」。
ポラリエが星景写真の世界を広げ、どなたにも撮影の醍醐味を体験いただけます。

「星景写真」とは、満天に広がる天の川と山々、あるいは星座と建造物など、星と景色を一緒に写しこんだ写真です。星空の一点を拡大して撮影する「天体写真」とは異なり、「星景写真」では主に広角レンズを使って、どのように星と景色を組み合わせるかが大切。その構図の可能性は無限大で、どなたにも気軽に楽しめる、新しいジャンルの風景写真です。
淡い星の光を写真に写しこむには、その光を集めるために長めの露出時間が必要です。しかし、カメラを固定したままで長時間露出した場合、星は線となって写ります。これは地球の日周運動(地球の自転)のために、星が動いているからです。『星空雲台 ポラリエ』は、星の動きに合わせて動く、モーター駆動式のカメラ雲台です。三脚にポラリエとカメラをのせて撮影することで、星を点像のままに、美しく作品に取り入れることが可能になります。

http://www.vixen.co.jp/lp/at_01.htm

本体はこんな感じ
Vixen POLARIE
一見するとコンパクトデジタルカメラのようですが中心の円形部分が星の周回運動にあわせて回転することにより星を線ではなく点で描写することができます

この縁の部分にさらに自由雲台をセットする形になります
Vixen POLARIE
同時に購入したベルボンのQHD-33

Vixen POLARIE
こんな感じ。これを更に雲台をセットした三脚にセットします

Vixen POLARIE
これで完成形です。

ちなみにカメラはニコンD5000です。
今使ってる一眼はD300sなのですが、星景写真を撮るにあたり最近出番のなくなっていたD5000の方がよさそうなのでこちらでやってみようかと思っています。
D5000でやるメリットとして
・リモコン・レリーズできる
・D300sより軽い
・バリアングルモニターでアングル的に楽
・ISO感度はD300sと一緒
などです。またレンズはMF(非CPUレンズ)のMicro NIKKOR 50mm f2.8を選択。焦点距離∞設定がAFレンズより楽そうなので

ということで早速撮りに行きたいのですが・・・・雨




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 19:44:04|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0
<<Vixen POLARIE(星空雲台ポラリエ) 簡易赤道儀購入 今夜星を見に行こう!試し撮り編 | ホーム | かわいいは正義なうさぎさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する