TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

九十九里浜でアイソン彗星を見よう! #ISON #アイソン彗星

京都の紅葉写真がまだ終わっていませんが・・・

今朝(2013.11.21)、明け方に写真を撮ってきたのでこちらを先に

今年は彗星の当たり年と言われ、夏前にはパンスターズ彗星が賑やかしましたが、今年最大の彗星、アイソン彗星がとうとうやって来ました!

当初、想定されていたほどの明るさには達していませんが、それでも日に日に明るさはましてきています
そこで、天気の良さそうなこのタイミングってことで、東の空が何にも遮られない場所、千葉県の九十九里浜にある一松海水浴場に行ってきました。(夏場は海水浴場になるため駐車場、トイレ完備ですごく環境がいいです)

この日のアイソン彗星が地平線から顔をだす時間は4:30過ぎ、それまでちょっと時間があります。
そういえばもうひとつ彗星が来ていますね、アイソンの印象が強すぎてちょっと目立っていませんがラブジョイ彗星も来ています。
とはいっても明るさ的に見つけられるかどうか・・・だったんですが撮れました!

COMET LOVEJOY
肉眼はもちろん8倍双眼鏡でも厳しいくらいの光量ですが、おおよその位置にカメラを向けて何枚かうつしているとそれらしき彗星がうつってました。(画像は4枚コンポジットです)

そして本番、アイソン彗星!
火星を目印にスピカを探して、そのちょっと下、肉眼でかろうじて光点として認識できます。そして双眼鏡では彗星の尾がこちらもかろうじて確認できました。
で撮影したのがこれ

COMET ISON
7枚ほどコンポジットしていますが、1枚でもしっかりと尾が写っていました。

アイソン彗星は12月に入ると明け方の空で日に日に高い位置に登っていくので日の出の影響も受けづらく鮮明に見えてくるはずです。
興味のある方はなるべく東の空が開けた場所で見てみましょう!
ちなみに今日はまだ月明かりがかなり残ってましたがあまり影響はなかったようです

用意したもの
・双眼鏡 Vixen ATREK 8x32 カメラのファインダーに彗星を入れるのは案外困難です。双眼鏡の方が見えやすいので双眼鏡で位置を確認しつつカメラを動かすと安易に導入できます
・カメラ ニコンD800E 暗い星をなるべく点として移したいので高感度特性に強いカメラが向いています、もしくはポラリエなどの赤道儀を併用でもいいと思います
・レンズ Kenko ミラーレンズ500mm F6.3 DX 実売2万円以下で買えるお手軽望遠レンズです、これはどうかなと思いつついちおう持っていったのですが・・・大活躍!ブレ対策さえしっかり行えば十分星撮影に使えることがわかりました。
・シャッターレリーズ 超重要!カメラをぶれさせないことが最重点なので必ず使用してください(もちろんリモコン系でも可)

撮影設定 ISO6400もしくは一段階の増感で撮影しています。SSは2.5~3秒、絞りはこのレンズはF6.3固定です(星景写真はSIGMA 35mm F1.4DGにソフトンBフィルター使用)
上記の彗星写真の方は数枚の写真をコンポジット処理(位置をずらしての比較明合成)を行っているので端の部分をトリミングしています。

実際の画角はこのくらいです
ISON
(RAWからのJpg変換のみ、補正・トリミング無し)

ということで12月になったらまた撮りに行こうっと





おまけ

空き時間に撮った写真など

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け

九十九里浜の夜明け


ついでにソニーのコンデジRX100M2で撮った写真を動画にしてみました


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/11/21(木) 19:32:11|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0
<<秋の京都 紅葉を見に行こう2013 2日目その2 | ホーム | 秋の京都 紅葉を見に行こう2013 2日目その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する