TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

YAMAHA YZF-R15 電源取り出し

今日は運転ではなく、バイクそのものをいじりましょう。

ってことで、特に使う予定もないけどバッテリーから電源を取り出してみます。



今回使うのはこれ、バッテリーからシガーライターソケットとUSB電源をとりだせるやつです。

バッテリーから直でもいいんですが、バッテリー上がりとかいたずら防止とか考えるとACC電源からのほうがいいので、ここはお手軽にヒューズボックスからの分岐を・・・


と、これを買ったんですけど・・・


YZF-R15にヒューズボックスがなかった!!!
まじかよ・・・
正確には中央に20Aの平型ヒューズが1個あったけど、これたぶん大事なやつだよな、あまりいじりたくないなってことで、他の方法を考えることに。
そこはほら、世の中にはインターネットという便利なものが

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
http://okinoko.blog69.fc2.com/blog-entry-25.html

用意したもの

12v用の4極リレー



電源取り出しコネクター


ギボシ端子

配線も必要なんですけど、先程のシガーソケットのあまり配線を再利用。あと、バッテリーとの接続端子もそこから使いまわしました。

回路図とかは製品についてるので省略。簡単に説明すれば、電源そのものはバッテリーからとるけど、そのスイッチをACC連動機器の配線からの電気信号で作動するようにします(それがリレーというコネクターの役割)

接続はリレーにつながっている4本の線にバッテリーからの電源、ACCからの電源、マイナス配線(アース=バッテリーナイナス)、電装品(今回はシガーソケット)

ちなみにR15のバッテリーはシート下なんですが、これが非常にめんどくさいw
1.リアシートを外す(キーロックで外す)
2.シートとリアシートの間のカウルを外す(プラスネジ2本)
3.メインシートを外すヘキサゴンレンチ2本

ワンタッチで外れないです・・・

そんなわけでバッテリーにアクセスしたらあとは上記のとおりに配線します。

YZF-R15
ちなみにACCです連動機器はテールランプ配線から拝借、場所はここです。
年式により配線の色が違うらしいですがぼくのは青い色がテールランプ配線でした。

YZF-R15
あとはそれぞれの配線にギボシ端子をカシメていって結線して完成です。

めんどいっちゃめんどいんですけどそれほど難しい作業ではないので、入門的にはいいんじゃないかと思います。


さて、ETC取り付けどうしますかね。いろいろ方法はあるようですけども


YZF-R15




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/22(木) 19:49:45|
  2. YZF-R15&ZZR250
  3. | コメント:0
<<YAMAHA YZF-R15 年内最後のあれこれ | ホーム | YAMAHA YZF-R15で初めての千葉ツーリング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する