TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

バイク用インターコム LEXIN R6購入&取り付け、軽くレポ

バイクネタが続きますね、熱しやすく冷めやすいTAKEです。

さて今回はヘルメットに通信機器を付けよう!ってことで、インターコムという商品を取り付けてみます。
かんたんに言えば無線機です。
以前はトランシーバー的なものとかでしたけど、最近はBluetooth接続になっているんですね
実際のところはたぶん誰かとツーリングなんてほとんど行くこともないと思うので音楽を聴きたいっていうのが目的です。


いろいろなメーカーから出ているようでその中でもB+comというところとSENAってところの商品が有名&信頼性も高いようですが、なかなかにお高い・・・使うかどうかわからないものにちょっと出せる金額ではなかったのでここは一番安い商品を選択しました。


ぼくの購入時点で1台5500円、ここにキャンペーンが適用されて10%オフの4950円での購入です。安い!

LEXINバイク用R6
内容物はこんな感じ、商品説明では結構大きいのかなと思ったのですが実際はそれほど大きくはなかったです。
日本語説明書もついていますが、かなり怪しい日本語w まあわからなくはないです、無いよりは全然良心的。


まずは、ヘルメットへの本体取付アダプターの取り付け

LEXINバイク用R6
2つのパーツで挟み込みネジで締付けるタイプです。これはヘルメット形状により付けられないかもしれない、ぼくのはこの位置に限り付きました、前後に動かすと厚みがありすぎてネジが届きません。一応両面テープも付属しています。


お次はスピーカー&マイクの取り付け。内装の裏側にケーブルを這わせて適切な位置に合わせます

LEXINバイク用R6
スピーカーはこの位置にピッタリ。耳に干渉することもなかったです





LEXINバイク用R6
マイクはここ。フルフェイスなのでどうかなと思ったのですがこれも顔面に干渉することなく取り付けできました。
安物ヘルメットなので内部クッションが頬の部分しか取り外しできないのですが、案外うまくハマってくれました。

あとは先程のアダプターに本体を取り付けて、スピーカー&マイクから伸びたジャックを差し込みます
LEXINバイク用R6

でかく見えますが、通常走行中には邪魔にはならなそうです。ただし、左後方の視界確認時や首を左に傾けると少し肩にあたります。

では実際に使ってみます。

Bluetooth接続動画撮りました。
途中ぼくの乾燥肌にウォークマンが反応しない場面がありますが、接続自体はすごくスムーズです。

まず本体のバイクのアイコンが付いた電源ボタンを8秒長押し、インジケータが赤青に点滅します。これでBT接続待受状態です。
次に今回はウォークマンA-30を接続します、A30のBT接続設定からMOTER PHONEという機器名を選択。これで完了です。

R6本体から再生・停止、音量上下の操作が可能です。曲送り戻しはできない模様。一回電源OFFにすると再接続が必要になります(ペアリングはできているので両方の電源オン状態でウォークマン側から機器選択するだけ)

このあと、スマホとの接続もしましたがこちらも特に問題なく接続完了、試しにナビソフトを立ち上げてみましたが音声も流れてきますし、マイクを使用しての音声検索も可能でした。但し、マイク性能なのかスマホ自体に話しかけるよりも誤認識が多い印象です。

スピーカーの音質自体は結構良いです、少し低音寄りですがバイクに乗りながら聴くには良いんじゃないでしょうか。但しホワイトノイズが少々気になります。これが実際に走行しながら聴くとどの程度気になるのかはまた今度試してみます。


肝心のインターコム性能ですが、試す相手がいません。
今度、他社製インターコムの方とツーリング予定があるので少し試させて貰おうかとは思いますが接続がめんどくさそうなので、その辺は同じ機種のほうがいいのかもしれないですね(いちおう接続自体はできるようです)


(2017.1.26追記)
インターコムとしての性能を試してきました。
今回はCBR250に乗っているあっきーさんのSENA 20sに繋がせていただき、ほぼ1日試してきました。

合流し出発した朝8時頃~解散する夕方18時頃まで、昼食1時間と小休憩で合計1時間くらいの計2時間を除く約8時間弱、繋ぎっぱなしでバッテリーは切れませんでした。
接続設定に関しては、20s側でユニバーサルインターコム接続で待受をしてもらうことですんなりと接続できました。
通信についても走行中及び停車中とも一度も途切れることなく、低速から高速(100km/h)まで問題なくクリアに会話が可能です。通信距離に関しては製品説明で謳っている直線見通し1kmは試すことができませんが、通常走行する分には問題ないと思います。
ただし廉価品のため欠点もあります。これは事前に得ていた情報でしたが
・20sからの通信呼びかけは可能だがR6からは不可能(通信しっぱなしにしておけば問題なし、電源を切っても入れれば勝手に接続される)
・R6は排他的接続なので音楽などを同時に聴くことは不可。
上記は他社製品との接続をした場合です

ということで結論を言えば、かなり使えます!
これは画期的だね(今更ですが、最近知ったボクは感動モノでした







そういえばヤマハYZF-R15の2017新モデルが発表になりましたね。
なかなかかっこいいぞ、性能も上がってるらしいので気になりますが、まだ日本導入は決まっていないようです。SOXさんあたりが並行輸入するかもですね

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/23(月) 17:23:43|
  2. YZF-R15&ZZR250
  3. | コメント:0
<<YAMAHA YZF-R15 房総ツーリング | ホーム | YAMAHA YZF-R15 リアボックスつけてみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する