FC2ブログ

TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

Trn V10 中華なイヤフォン

Trn V10


中華なイヤフォン ZS5 ZS6ですっかり沼ってしまった中国発の低価格高スペックイヤフォンの世界(http://takenswk.blog1.fc2.com/blog-entry-3298.html)、またもずぶっています。



で、今回気になったのはTrnという新興メーカーのV10というイヤフォン。

2BA+2DDというZS6と同じスペックな上、ツイッターで公式アカウントをフォローすると27ドルという激安価格。
これなら失敗してもいいかなって感じでクリアの方をポチッと

数日後

まさかの日本Amazonで発売!しかも翌日配送ときたw
中国通販でポチった方はまだ船にものってないというのに・・・

ということでこちらも割引価格の3800円でポチッと、今度は黒で

そんな経緯でしたが、現在手元には先行して到着した黒と、中国から届いたクリアの両方があります。

Trn V10

で、肝心の音の方ですが・・・

箱出し直後は、ああこれ失敗した、そう思いました。
高音域はめっちゃ刺さるし、低域が刺さるし。噂になってた中音域が全然出ないってのは高音域が個性強すぎるからかなと思いましたけど。
しかしエージングが進むに連れてそのへんは気持ちよく治まってくれました。
箱出し直後の個性はなくなったけど、聴きやすい音になったかなと思います。
デジタルミュージックよりはアコースティックのほうが得意そうな印象です。

まあそのへんはきちんとした音ブロガーさまにおまかせしたいと思いますが個人的には100H 以上エージングした黒の方で

ZS6>V10>ZS5 でしょうか
ですが、ZS6とV10、正直迷います。というのも、音質的にはZS6なんですけど、V10の装着感が素晴らしい。こんなに耳にしっくりくるイヤフォンは初めてです。
装着時の耳への違和感が殆ど無いんです。
ZS6、ボクはそれほど悪くない装着感だと思うのですがそれでも耳に異物が入っているという認識は常に付きまとうわけです。
そしてメインイヤフォンであるJVCのFX1100、これは音で言えば先述の中華イヤフォンとは桁違いに好みなんですが、めちゃくちゃ装着しづらいんですよね。
そういうことを考えると街歩き常用イヤフォンとしてはV10はもしかすると最有力なのではと感じています。
ここまでくると欲を出してワイヤレスリケーブルしたくなってきますけど・・・


それとこれも先程ちょっと言いましたがエージング必須です。
エージングなんて効果あるのかよ、ボクもそう思っていました。でも最初の音と、数十時間後の音はまったく違います。
そんな比較の意味で動画撮りました。音質はカメラ付属のマイクなんでお察し、比較の意味でご覧いただければ

クリアは届いた直後の箱出しエージング0時間、後半の黒は100時間ほど音楽をかけっぱなしでエージングした状態です。
ともに音源はZX300、ケーブルも純正の同じものを使用しています。

それと、ZS6のときもありましたが個体によって多少ばらつきがあります。幸い外れではないと思いますが、黒の方はめちゃくちゃケーブル接続2ピンが固かったです。壊れる勢いで刺しました(そのあとは割合スムーズに抜き差しできるようになってます。すぽっと抜けるよりはいいです)


なかなか試聴して購入することが難しい中華イヤフォンですが、興味があったらぜひ




KZ ZS5
中華なイヤフォンにはまるきっかけなZS5

KZ ZS6
名機 ZS6 オリジナルデザインで再発売はよ!





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/12/25(月) 19:32:17|
  2. music
  3. | コメント:0
<<ゆるキャン△おじさん、テントを買う | ホーム | ふたご座流星群 - Gemini meteor shower ->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する