FC2ブログ

TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

買っちった!折りたたみ自転車 A-bike city購入

11月1日から3日間、お休みをとれたので久しぶりに旅行らしい旅行に行こうかと思います。
目的地は伊豆諸島の式根島。ジェット船を利用して2泊3日、宿は取らずにキャンプをして星空とキレイな海と温泉を堪能してくる計画です!

さて、式根島、一周12kmほどの小さな島です。もちろん公共交通機関はおろかタクシーもないそうです。
徒歩でも問題ない距離ですけど、限られた時間を移動にとられるのはもったいないなと(移動もまた楽しいんですが)

いや、もうはっきり言おう。

レンタサイクルを借りてもいいけど、どうせなら折りたたみ自転車欲しい!

です。

まずいちばん重要なのは携帯性。ジェット船でも渡航なので手荷物に制限があります。折りたたみ自転車といえばDAHONとかブロンプトンとかがメジャーですが、このタイプだと折りたたみとはいえ大きすぎます。

そこでいろいろ調べてみた結果、きになったのは
超軽量自転車キャリーミー http://pacific-cycles-japan.com/carryme/ と今回購入したA-bike city http://www.fm-cycle.co.jp/A-bike.html の2種。

A-bike cityを選択した決めてはやはりそのサイズと軽さ、値段もです。

決めたのはいいものの通販ではもう日がなさすぎて受け取れない。
船橋の自転車屋さんで取扱いがあるそうだがグーグルのレビューをみると現在はないらしい?!
まあ、ダメ元で行ってみました。

A-bike city
総武線下総中山下車、徒歩数分のFMサイクル本店さんです。

在庫ありました!
一通り説明受けてる間にはすでに買う気満々、さっそくお金をおろしてニコニコ現金払い(現金支払いのみのお取り扱いです)!
携帯できる自転車なので必要なのかは疑問だけど自転車なので防犯登録もしておきました。

親切な店員さんに折りたたみのレクチャーを丁寧にしていただきさっそく駅まで試走です!

A-bike city
折りたたんで付属バッグに入れた状態。自転車が入っているとは思えないサイズです。

A-bike city
そしてこれが折り畳まれた状態のA-bike cityです。
手前の靴はサイズ感を見てもらうための僕の靴、サイズは27cmです。

A-bike city
そして完成形です。
見ての通りその名の由来の「A」型です。

組み立てサイズ:高さ99cm×長さ98cm×奥行42cm
折たたみサイズ:高さ69cm×長さ43cm×奥行20㎝
重量7.3kg
タイヤサイズ:8インチ ノーパンクタイヤ(樹脂製)

A-bike city
購入後さっそくお店から最寄り駅までA-bikeで移動、駅前でバッグに収納し電車で秋葉原へ移動し、秋葉原~上野周辺を走ってみた感想です。

良い点
小さい、電車の中で自転車持ってるようには見えない。
最初は慣れないとふらつくが少し走れば安定して走れる。平地なら足への負担もほぼない
折りたたみが苦じゃない。ガションガション決まるので変形ロボを扱っている楽しさw
ブレーキがしっかり効く。平地であれば不安は感じない
可動部が露出していないので汚れない、ノーメンテ
悪い点
小径タイヤな上に樹脂製なので乗り心地はもちろん良くない。アスファルトなら問題ないが歩道などのタイル張りは振動がモロに来る。排水口のスリットも怖い
段差も苦手。横断歩道際の段差を少なくしたような場所なら問題ない(ショックはある)がちょっと強かさがあるところは降りたほうが無難(ベビーカーを押すときの判断と同等なのでは?)
折りたたみペダルがプラ製なので踏み込み時にたわみを感じる。壊れることはないだろうが強く踏み込むとちょっと不安。ただそういう乗り方自体推奨されてない。
同じくフレームの剛性はあるけど分割部に多少のたわみを感じる(以下同じ


こう見ると悪い点が目立っているように見えますが、この自転車最大の売りの携帯性がそれを大きく上回っているので理解した上で乗れば全然気にしなくていいレベルです。


細かい部分を見ていきます

A-bike city
ここです。ペダル・クランクからのチェーンが露出していません。これのおかげで洋服の巻き込みや油汚れもありませんし、キャリーバッグも汚れません。当然可動部も汚れないので基本メンテナンスフリーです。

A-bike city
ブレーキはドラム式のような感じ。全後輪ともこのタイプ。意外としっかり止まります。

A-bike city
正規品です。
Amazonや海外通販に同形状の海賊版が多く出回っています。一度はそちらも検討したのですがどうやらかなり事故が発生しているようです。自転車とはいえ命に関わる事故も起きています。ちゃんと考えてから買いましょう。

A-bike city
注意書き。この形状ですから各パーツにはそれなりに負担がかかると思われます。無茶な乗り方はやめましょう。

A-bike city
折り畳まれた状態のサドルは最も効率よく収納できるように設計されています。交換はできないですね。ちなみに前述のやわいペダルは社外品に交換可能です。

平地やゆるい下り坂はそれなりに快適に走れます。
上り坂は苦手らしいのですが、短時間で急勾配でもない限り走れなくはないです。

そんなわけで、こんどじっくり乗ってこようと思います!



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/29(月) 20:40:18|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0
<<離島キャンプに挑戦!伊豆諸島式根島を満喫する!Twitterつぶやきまとめ編 #式根島 | ホーム | はじめてのバイクキャンプ!& MotoGP観戦 ~MotoGP日本戦編ツインリンクもてぎ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する