FC2ブログ

TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

猫の島「青島」たくさんのにゃんこたちと戯れてきた!愛媛県大洲市青島のねこたち

3日間の休みがとれたのでどこかに行こう!
ということで以前より気になっていた猫の島に行くことに。

猫の島もいくつかあってどこに行くか悩んだのですが今回はこちら

AOSHIMA CAT Island



愛媛県大洲市長浜町青島、瀬戸内海に浮かぶ人口2桁に満たない小島です。
成田からLCCジェットスター便で松山空港まで飛び、JR松山駅から「愛ある伊予灘線」という一風変わった路線で1時間半ほどの伊予長浜駅で下車、徒歩1分ほどの長浜港より1日2便の連絡船で青島に渡ります。
ちなみに連絡船は午前と午後の2便ですが、午後便にのると島での滞在時間は1時間しかありません。午前便ですと8時間の滞在が可能ですが、電車を使って松山駅からアクセスする場合はこの路線の始発6:02発宇和島行きでしか間に合わないので注意が必要です。ぼくは前泊しています。

こまかい行程についてはまた後日別記事にまとめる予定です。

平日ということもあり午前便の乗船客は観光客3人、保守メンテ系の方2名の計5名。これが休日になると32名の定員が埋まりたどり着けない方も出るということなのでここにも注意です。

AOSHIMA CAT Island
船着き場でさっそくのお出迎えです。

AOSHIMA CAT Island
お出迎え

島内では環境保護などの理由で自由にえさをあげることを制限しています。
ちょこっと歩くとえさ場があるのでそこで戯れましょう

AOSHIMA CAT Island

猫たちもわかっているのかここにたむろっています

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island
夏の猛暑も過ぎ、風が心地よい季節になりました。

AOSHIMA CAT Island
ひととおりエサも食べた猫たちは思い思いに過ごし始めます。
そして人間ものんびりできるのがこの青島。
正直何もない島です、商店はおろか自販機すらありません。
飲食物はかならず持参しましょう。
ごみは必ず持ち帰りましょう。
8時間は強制滞在です、トイレは待合所にありますが島では水が貴重なものです。なるべく自分で準備していきましょう。

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

乗船場を降りて右手の奥まですすむとキャンプ場あとの広場に出ます。
ここには猫たちはいませんがとても気持ちの良い場所なので昼寝におすすめ!

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island
再び島の中心に戻ります。

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island
午後の便で数グループの観光客が到着すると再び活気づきます

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island

AOSHIMA CAT Island


AOSHIMA CAT Island
連絡船青島、帰る時間です
にゃんこたち、ありがとう。






最後に、この島の猫たちは全頭去勢済みです。この先増えることはありません。島の人口も減少しており、いずれは連絡船も廃止になるということです。人がいなくなれば猫たちにとっても厳しい環境になるため仕方のないことだと思います。
ならばせめて今生きているこの子たちには健やかに過ごしていってもらいたいと思います。
今後もし興味を持って行かれる方はそういった配慮も一緒にお持ちいただければと思います。

2019.9.5
撮影は全てニコンD850+ニッコール18-300 F3.5-6.5Gにて
関連記事
  1. 2019/09/08(日) 12:40:03|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0
<<LCCの旅 愛媛県松山で2泊3日の旅、予算全て込みで3万円! #P30pro | ホーム | Z4のタイヤ交換と大洗キャンプ場でデイキャンプ  FALKEN アゼニスFK453>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

TAKE



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する