TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

Huawei P20 pro着弾! #Huawei #P20pro

超期待していたスマートフォン
Huawei P20 pro、いよいよ発売になりました!
Huawei P20 proの可能性

まずは西ヨーロッパからの展開ということでドイツで先行予約が始まったのですけれども、いてもたってもいられず予約開始日にドイツAmazonで予約したものの、発送予定日にも発送されず発売日になっても音沙汰なし・・・まさか海外Amazonでまでkonozama食らうとは思いませんでした。
翌日お詫びメールとお詫びクーポンが届きましたが、商品は1~2週間後入荷次第発送になるよってことだったのでキャンセル。
で、その後に発売を控えていたフランスAmazonでぽちっと・・・

が、なぜかアカウントロックされる事態に!
全く意味のわからないフランス語をグーグル先生となんとか訳しながら奮闘すること数日。なんとかアカウントは復活しましたが、商品は結局キャンセルしてしまい最終的には香港に拠点を置くETORENという海外通販サイトで購入にいたりました。
代金支払いはPayPalを利用でき、また海外サイトながら日本語対応ページもあるので日本国内と同じように買い物ができるのでおすすめです。また、関税など込の売価がつけられているので明朗会計なのもポイント高いですね。

注文翌日には発送されさらに翌日には成田の税関に到着。税関で少し遅延が発生したため受け取りは1日遅くなりましたが、予定通りにすすむと注文2日後には国外(今回はシンガポール)がら届いてしまうという素早さです(FedEx別料金)

さて、そんなP20 pro
さっそく開封です。

Huawei P20 pro
白い化粧箱をあけると美しい端末が姿を現します

Huawei P20 pro
P20 pro最大の特徴でもある3つのレンズ。
予想はしてましたがなかなかの出っ張り。これ、ケース付けないとちょっとひっかけて壊しそうなくらいです(iPhoneXよりは出ていないそうです)
そして、ブルーを選択したのですがとてもきれい。でも指紋べったりつきそうですw

Huawei P20 pro
付属品です。
ご丁寧にTPUケースまで付いてきます。
端末がグローバル版なので充電用のプラグは海外仕様です。
あとはUSB Type-Cケーブルとイヤフォンです。


Huawei P20 pro
現在使用中のHuawei P9との比較です。
横幅は一緒、縦が少しだけP20 proのほうが長いですが持った感じではほとんど同じです


そんなサイズ感のほとんど変わらない2台ですが・・・


Huawei P20 pro
ディスプレイ領域はここまで違います。
ノッチディスプレイ(上部の切り欠き)、結構不評でしたけどこれ慣れちゃえば気にならないな~

さて先述の通りグローバル版での購入のため技適認証マークはついていませんでした。なので通信はせずカメラ機能のみを軽くお伝えします。

Huawei P20 pro
技適はなくても日本での発売前提でしょうからもちろん日本語が選択できます。


では、肝となるカメラを使ってみましょう

まずは普通に撮影
P9
こんな環境です

P20 pro
普通に撮ってこれです
この時点でそこらのコンデジ性能を凌駕しちゃうんじゃないかってくらいです
ちょっと色の乗り方がおかしいんですけど、環境光がめちゃくちゃだったので解像感だけ見てもらえればと思います。
光学3倍ズームになっています。

それではこの機種の最大の特徴、高感度撮影です。
とはいっても実はプレスリリースで出ていたISO感度102400には今後のアップデートで対応予定なのでまだ力を隠している状態です

P9
ではこの状態で撮ってみましょう。
撮影は三脚固定での夜間撮影モードです。

P20 pro
肉眼でも確認できないフィギュアがばっちり写っています。
いやまあ、三脚固定の51秒露光だったらそりゃ映るよね(スマホで51秒露光できることのほうがすごいけど)


じゃあじゃあじゃあ、手持ちで撮ったらどうなる?

ちょっと屋外に出てみました
P9とP20 proで比較してみます。
いずれの写真も手持ちで撮影モードは「夜間撮影」、SSから感度からすべてお任せです。

ある程度明るい自販機です
P9
P9 SS8.8です。
ライトの当たっているところはまあ見れますが、それ以外は厳しいです

P20 pro
P20 proです。
SS5.0.多少ぶれが出ているところもありますがかなりくっきり解像しています。


ではもっと光量が少ない景色を

P9
P9、さすがにちょっと厳しいです。

まあP9自体が発売から2年経っているモデルですしそれと比べちゃうのもどうなのって?って今さらですけどそんなわけでぼくが出かけるときにほぼ持ち歩いているコンデジ、ソニーのRX100M2と比較しちゃいましょう。
RX100M2は1インチセンサー搭載のいわゆる高級コンデジと言われる部類のカメラです。
これのオート機能で撮影してみました

RX100M2
さすがっす!
ƒ/1.8
10.4 mm
1/8
ISO3200
SSが遅いこともあって多少木々がぶれていたりしますが建物などはびしっと線が出ています
またノイズもそれほどありません。
ソニーの高感度時のオート撮影は長時間露光ではなく複数枚をカメラ内で合成することでHDR風な処理をするそうです。

そしてその機能、P20 proでもAI搭載で実現しているらしいんですよね

そんなわけでP20 pro、スマホカメラでの撮影がこちら
P20 pro
これ、言われないとスマホ撮影とは思えないでしょう

RX100M2と比較すると多少ノイズが多いのと、一部処理が不自然な場所もありますが、常に持ち歩くコンデジとしては十分なレベルに達していると思います。

本当は先日P9で試した星景写真に挑戦したかったのですがあいにくの曇り空なのでそれはまた後日試してみたいと思います
P9




  1. 2018/04/13(金) 00:23:12|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proの可能性 #Huawei #P20pro

とうとう発表されましたね、中国のスマホメーカーHuaweiの新機種P20シリーズ、その中でも気になるP20 pro!
Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global




今現在、メインで使っているスマホがHuaweiのP9(P20の2世代前)でして、こいつでも充分なスペックなんですけどなにせバッテリーがへたってきて、普段仕事の日ですとそれほど使用頻度も高くないのでバッテリーももつんですが、これがちょっとどこかに遊びに行ったら写真は撮るわ、ナビは使うわ、ツイッターしてるわで半日ぐらいしか持たない。
しかもこの機種の抱える問題として、バッテリーが50%切ると突然シャットダウンという症状を抱えてまして、予備機とモバイルバッテリーがかかせなくなるのです。
バッテリー交換サービスもあるのですが一律13000円。自分でもできそうですが、どうせならってことでP20 proを検討しちゃいます!

さて肝心のスペックなどはネット記事が詳しいのでそちらを参照ください

40MPカメラ、ISO102400って何事だ!?「Huawei P20」「Huawei P20 Pro」発表
ファーウェイP20 ProとP20、Mate RS詳細写真レポ。プレゼンではわからない点に肉薄
Huawei、「スマホ最高の総画素数」ライカトリプルカメラ搭載「P20 Pro」
「HUAWEI P20 Pro」のカメラは何が変わったのか? 実機をいち早く使ってみた

とにかくどの記事でも注目を集めるのはそのカメラ性能。そしてボクが気になる部分もそこ!
低価格コンデジがほとんどスマホカメラに駆逐されてしまった現在、そのスマホカメラは高級コンデジの領域まで踏み込んできています。そんな中現れたのがこのP20 pro。
ファーフェイのスマホといえばLeicaライセンスの二眼レンズ搭載カメラが特徴的ですが、今回はなんと三眼です!
F2.4レンズで800万画素の3倍望遠カメラ
F1.8レンズで4000万画素RGBセンサーのメインカメラ
F1.6レンズで2000万画素モノクロセンサーのカメラ

4000万画素!


Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global(1)



一眼カメラの世界ではもう高画素化の流れは落ち着き(高画素=高画質ではないため)、今は違った特徴を追い求めるようになっていますが、スマホカメラで4000万画素は想定外でした・・・
そして、一眼レフカメラの世界で違った特徴を追い求めるようになったと書きましたが、それが高感度化です。少ない光(暗い場所)でどれだけ撮れるかですが、ここも抜かりがありません

1/1.7型の画像センサーを搭載
「102400」のISO感度


えーと、スマホですよね?

まずセンサーサイズですが、もちろんこの数字はスマホ初(パナソニックのCM1/CM10ってのがありましたがあれをスマホというのかandroid搭載デジカメと言うかは難しいところ)、下手なコンデジより大きいです。

そしてISO102400・・・

この数字どこかでききましたね
ニコンが2016年に出したフルサイズ一眼レフフラッグシップ機D5の最高感度
キャノンが同じく2016年に出したフルサイズ一眼レフ機EOS 5D Mark IVの拡張最高感度です
いずれも現行機です。
画素数とISO感度だけなら2大カメラメーカーの最高級機と同等、もしくはそれ以上というとんでもないスペックを謳っています。
もちろんセンサーサイズもありますし、あくまでもスマホカメラの中での話ですし、スペックだけが全てではないカメラ業界ですから実際のところはどうなるかはわかりませんが、このインパクトは絶大です。


Screenshot-2018-3-31 HUAWEI P20 Pro Smartphone Android Phones HUAWEI Global(2)
カメラ界隈でよく比較に用いられる基準にこの DxOMarkというサイトが用いられるのですがそれのモバイル版比較において驚異の109点という数字を叩き出しています。というかこれ100点満点だと思っていました。
Huawei P20 Pro camera review: Innovative technologies, outstanding results

Screenshot-2018-3-31 Huawei P20 Pro camera review Innovative technologies, outstanding results - DxOMark





このスペックがスペック通りの実力を発揮してしまったら高級コンデジ市場すら駆逐してしまうかもしれません。
とはいえ、ボクもなのですが、カメラ専用機のメリットは画質云々もですがそれと同等にハードキーや物理的構造による取り回しの良さだと思っているのでそれはそれで必要だとは思っていますが、そうではないただ写真を撮りたい人にとってはこれだけで撮影、アップロードまでこなしてしまう驚異の端末になるでしょう。

スマホとしては容量128 GB 6 GB RAM, Android 8.1搭載と最近らしいハイスペックです。
また薄型にもかかわらず4000mAhという大容量バッテリーを搭載して電池持ちも期待できそうです

ちなみに発表前に期待されていたワイヤレス充電、felica(おさいふケータイ)、そしてイヤホンジャックは非搭載となってしまいました。また、外部記憶媒体(microSD)にも非対応です。
ここはちょっとザンネン


さて、めっちゃほしい!ってなっているわけですが、3月31日現在、日本での発売は未定となっています。
とはいえ、HuaweiCEOは日本での発売を示唆していますし、どうやらドコモ版が技適認証を通過したそうです。
気になるのはドコモ専売モデルになってしまった場合はSIMフリー端末ではない可能性。そしてドコモ発売となると夏商戦に合わせる形でグローバル版より大幅に発売が遅れてしまう可能性です。
グローバル版のP20 proは西ヨーロッパ各国で4月6日発売がアナウンスされており実際ネットショップ等にも登録されています。いち早く手に入れたい場合は技適云々の問題もありますが、こういった海外通販を利用するのも手だと思います。






P20-Pro-Bose-837x500.jpg


ちなみになんですが、西ヨーロッパでP20 proを購入すると899ユーロ(日本円で今現在のレートで11万円くらい)なんですが、4000人限定でBOSEのワイヤレスノイズキャンセルヘッドフォン Bose QuietComfort 35 IIが貰えるキャンペーンがあるようです。899ユーロの端末に380ユーロのヘッドホンが無料で貰える・・・日本でもないかな?
Huawei P20 Pro für die ersten 4.000 mit Bose QuietComfort 35 II umsonst
日本の場合はキャリアが発売するとしたら端末割引があるでしょうから難しいかもしれないですけどね


というわけで超期待しているP20 pro、日本国内での発売がいつになるのかわかりませんが、先述のAmazon.de(ドイツのアマゾン)でブラックのみ日本国内に発送可能となっています。
ドイツで購入する場合は899ユーロですがここにはVATというドイツの消費税が含まれているので日本に発送する場合はここから20%ほど引かれて755,46ユーロとなります。
ここに送料とImport Fees Deposit というAmazon独自の関税先払いシステム(差額が発生した場合は後日返金される、コレ以上支払うことはない)が発生しトータルで846ユーロほどで購入可能です。
Screenshot-2018-3-31 Order Details
お急ぎ便みたいなのを使えば発売から1週間ほどで届くと思います。







Huawei P20 Pro vs Huawei Mate 10 Pro
現フラッグシップ機Mate 10 proとの比較


Huawei P20 Pro vs Apple iPhone X
真っ向勝負となるiPhoneXとの比較


こちらも真っ向勝負となるGalaxy S9+との比較

iPhoneX、Galaxy S9+、そしてこのP20 proの三つ巴勝負、どれも甲乙つけがたいところでしょうね。実際にどれも触ったことないんでボクからは何も言えませんが・・・


  1. 2018/03/31(土) 19:23:00|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

4Kテレビデビュー まさかの大画面!

テレビ買っちゃいました・・・

巷ではドン・キホーテが発売した50V型4Kテレビが大ヒット、どこも在庫なしの模様です。
そしてボクも見に行きました、前日に。売場ではバッチリ目立つように販促され、ついそのままこれ売ってくれませんか?と聞きたくなるほど

だがしかし、ここで考えた。

大きなテレビは必要なのか?普段どんだけテレビ見てるよ、朝のめざましテレビくらいじゃないか?それも本当に目覚まし時計がわりにタイマーセットしてるだけじゃないか?

そんな感じで一度は踏みとどまったのですが・・・


うちのテレビ、もう10年位前のレグザだし
大きな画面でライブBDとかみたいよね
テレビは見ないけどネット配信動画はよく見るよね
PCモニターにしてもいいよね


ああ、これだめですね、もうだめですね、ボクの性格から言って買いますね


そんなんで再びドンキの4Kが気になっていたのですが、いざ翌日発売されてさっそく出てくる購入レポ 
このへんを参考にさせていただきました。
[TV]ドンキの54800円50インチ4Kテレビ・ファーストインプレッション 変人窟過去ログ倉庫

これはなかなかいいぞ・・・税込み6万で収まる4Kテレビ

が、しかし

テレビ用途としては非常にコスパに優れていますが、PCモニターとしてはどうやら使えなさそう(映るには映るが)
ボクの用途の動画配信サービスを活用するには別途amazon FireTV stickあたりを購入すればいけるようだが、追加で5000円ほどの費用発生、しかも4K対応のamazon FireTVだと1.2万円ほど費用発生



う~ん、
ただこのドンキのインパクトはすごくて、一般層への4K普及の引き金になりそうだし価格競争も起きそうだし少し様子見するか?事実、DMMの4Kモニタが1万円価格をさげて5万円程度になってるし(チューナーなし、その他機能もすくなく検討から外していますが)
で、調べていたらさっそくAmazonがやってるじゃないですか、4Kテレビの割引クーポン。
LGの49V型4Kテレビ81800円に5000円引きクーポン付与のセール!(2017年6月15日、17日現在もクーポンあり)



これで良くね?本体の価格差で16000円、ネット配信を4Kでみるならその差は4000円。むしろコスパ良くね?ってことで、ポチリ。

さて、ドンキの4Kと比べたスペック上のメリットです。

donki.jpg
こちらドンキのスペック表

LG.jpg
こっちがLG UH6100のスペック表(簡易的なやつですが)

・まず、4K対応はどちらとも。ですが、最近の4Kでよく見かけるHDRという機能(詳細はぐぐって)、これがドンキになくてLGにある。
・先述のPCモニターとしての活用がLGは可能
・ドンキのHDMI端子は3系統あるが、4KとARCはそれぞれ1系統、しかも別。ということは外部入力の4K動画ではARC機能を使った オーディオ環境は作れないってことです。LGはARCは1系統ですが4Kと同居してます。(HDMIは3系統すべて4K対応)
・テレビ本体での録画は両方対応、ドンキはUI廻りは東芝製とのことなので使い勝手はドンキのが良さそう
・ネット通信ですがいずれも有線LAN対応ですが、LGはさらに無線LAN対応で同一ネットワーク上のPCやスマホの画面をミラーリン グして映すことが可能です
・決定打はLGには独自アプリ搭載で国内主要動画配信サイトに対応していることです。YoutubeやamazonプライムDAZN、ネットフリークスなどがテレビのみで再生できます(ネットブラウザなども搭載)

あと、機能ではないですが、ドンキは自分で持ち帰るか有料配送するかしないといけませんが、Amazon購入だと無料配送な上、設置サービス、不要テレビの引き取りも無料となっています。

とまあこんなところでポチったのですが、今朝届いたので早速設置です。

LG 4Kテレビ
さすがにでかい!
裏にあるテレビが東芝レグザの32型です。

LG 4Kテレビ
ちなみにこれ、別売りなんですがマジックリモコンという品。なくてもいいけどあったほうが絶対いいと言うので一緒に購入(1520円、かなり優秀な子です、なぜ同梱しないのか謎)。


・・・アンテナケーブルと分配器がない。
先述の32型レグザはそのまま使うので改めてケーブルが必要になることを忘れてました。
なのでチャンネル登録は後回し

LG 4Kテレビ
まずは使ってなかったノートパソコンとHDMI接続してdアニメを出力。画質はそれなり、というかノーパソのスペックの問題ですはい。画質以外は遅延や音飛びもなく快適に視聴できます。

Amazonプライムアプリやユーチューブアプリも問題なく起動。てかやっぱ4Kはすごい!めっちゃ高精細。今後コンテンツが増えていくといいな~

で、ここまでいい話ばかりしてきましたが、悪いところもあるのです。
まず、色の問題。
初期設定の色合いは正直気持ち悪いです、これやっぱ国産と海外産のちがいなんですかね?国産はテレビにしろモニターにしろ出荷時点で見れるようになっているのが殆どなんですが、輸入ものってそのへんまったくなんですよね。なので自分で調整が必要になります。かなり細かく設定できるんですが、これ詰めていくのはしんどい・・・ってことでネットで調べてこんな感じの設定にしてますってやつをそのまま真似てみたらいい感じ、グーグル先生偉い

あと、レビュー等でたまーに見受けられたほんの一瞬のブラックアウトという事象が最初の起動直後に一度だけありました。そのあとは無いので再現しないといいな~。
それとHDMI周りをいじっている時、PS3を接続して再生時に1回だけ音が出ない事がありました。繋ぎ直したら解消したので接続の問題なのかどうか

LG 4Kテレビ

LG 4Kテレビ

完成したリスニングルームです!
今住んでる部屋、必要もない3畳ほどのロフトがあって放置していたのですが、なんということでしょう!こんなに立派になって。
スピーカーがありますが繋いでません、テレビのスピーカーが結構良かったのでそのままにしています。


こんな快適空間が我が家に誕生しましたが

でもね・・・ロフトは暑い!






たぶんこの先、4Kテレビの価格破壊が起きます。国内メーカーも巻き込んで一気に値下がると思うので、ちょっと様子見するのもありなんじゃないですかね
ただ、家電製品は

欲しい時が買い時です!



  1. 2017/06/17(土) 19:50:24|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

ASUSX202Eノートパソコンのキーボード交換

ASUS X202E

数年前に買ったノートパソコンなんですが、買って1年ほどでキーボード不良で使えなくなってしまいました。
ちょうど保証も切れた矢先、修理費に結構掛かるということなのでそれほど使用頻度も高くないのでそのまま放置していたのですが、なんとなく直してみようかなと思い、パーツをAmazonで取り寄せました。




ASUS X202E
ぼくの購入したのは社外品の日本語キーボードで1980円、これで直ればまあ安いものかなと

ASUS X202E
ちなみに純正品は黒ですが、購入品は白です。ちょっと雰囲気も変わるかな

http://pcmemo777.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
http://blog.goo.ne.jp/kenkouae86/e/b5a418c36c9050b165ea76322de11db2
交換は上記サイトを参考にさせていただきました。

ASUS X202E
まずは裏蓋のねじを外し、カバーをバコッと外します

ASUS X202E
バッテリーの取り外し

ASUS X202E
HDDの取り外し

ASUS X202E
基盤(マザーボード)の取り外し

もうこの時点でめんどくさくなってきた、やらなきゃよかったw
でもここまで来たらもう戻れないので進めます。あとすごい数のネジがあるのでそれぞれちゃんと分けてどこにあったものかわかるようにしておいたほうがいいです
このアルミの板はプラスチックを溶かしたもので固定されているのでその部分はニッパーとカッターで取り除きます。もう戻れない、何も怖くない!
とはネジと粘着テープで固定されてるのでゆっくり外していきます

すると

ASUS X202E
ようやくキーボード基盤がお目見えです。
が・・・これもプラを溶かしたものでびっちり固定されています。
もうこのまま引き剥がします、ぶちぶちっと!

ASUS X202E
かわりに購入したキーボードをはめ込んで(先ほどぶっちぶちっと引き剥がしたのでそこはもう戻りません。ジャンク覚悟でどうぞ)すべてを逆の手順で戻していきました。

ASUS X202E
電源オン

・・・動いた!

なんとか動作不良もなく動いています、よかったw


ASUS X202E
交換したキーボード比較です

ということで今のところ使いみちはありませんが、1台ノートパソコンが増えました


ところで


ASUS X202E
なんだこれ?



  1. 2017/04/25(火) 20:07:00|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

ネット環境復活しました


引っ越しして半月、ようやく光回線が開通しました!
不便だった~

のは、最初の1週間ほど、それ以降ツイッターで教えてもらったUQ WiMAXの無料お試しサービス
Try WiMAXレンタル
これを利用したので、家でのネット環境はほぼ問題なく利用することができました。

Try WiMAXレンタルの雑感
・送料、返送料無料、機器レンタル、回線使用料も無料で15日間利用できます(配送日程も含むので注意)
・機器により以前からのWiMAXと最新のWiMAX2の2タイプの回線を利用できますが、WiMAX2は月間7GBの制限があるので家庭内PCで動画サイトなどを利用するとあっという間に使い切ります。ボクの場合は旧WiMAXが利用できるURoad-Home2+をお借りしたので回線速度は多少劣るがデータ使い放題となっていました。このモデルは両方の回線を選択することが可能です。
・上記は据え置き型端末なので部屋でのみの利用のためか回線も安定しており接続が切れるということはありませんでした。またdアニメなどのアニメ配信サイトでときおり詰まることはありましたが概ね良好に視聴できました。
・上記端末は有線LAN端子2口と他にWi-Fi接続可能なので手持ちの端末・PC全てで利用することができた

うう~ん、これは結構有能だぞ、すでに光回線の契約をしたあとだったので今回はこれで契約終了ですが、これを家庭用の回線に使用するのもありかもしれないです。

そんなわけで光回線開通まではUQ WiMAXにお世話になりましたが、今日からはOCN光となりました。

が、接続がうまくいかない・・・

アパート自体に光コンセントが設置されていたので、いわゆる工事費は自分で接続する場合の2000円のみです。(よくあるひかり回線工事費サービスキャンペーンとか注意しましょう、15,000円がただ!とかありますけど、本来必要が無い場合があります)

で、そこにNTTから送られて来た端末を接続しそこから手持ちのバッファローのWi-Fiルーターを接続、PCから有線LAN接続したのですがそもそも設定画面に入れない・・・
そこで、ルーターは外し、NTT端末に直接接続、しかし設定画面に入れない

OCNの接続ガイドではNTTから配布されてる簡単接続ツールはしようできないという注意書きがあったのですが試しにそのHPにアクセスしたらつながるじゃないですか!設定画面には入れないのにねw
ということでそこからツールをDLし、指示に従い設定したらあっという間に回線がつながりました!

が、これだとデスクPCしか繋げないのでやっぱりルーターはかませないといけない

がこれがどうにもならない・・・やっぱり設定画面に入れない。いろいろと原因はあるようですがそれらをネットで調べてみるがどうにもうまくいかない

もういいや、ルーターなんてそんなに値段しないし、新しいの買おう!

ってことで近所のヤマダ電機でじNEC製のルーターを購入。

NEC Wi-Fiホームルータ Aterm PA-WG1200HP2ってやつです。

実はこれの購入時にもちょっとした話が。

価格.comで事前にいくつか見当をつけてヤマダ電機に行ったのですが、その見ていた値段とあまりにも乖離がある。まあ、ヤマダさんは結構お値段に融通が効くのでまずはお願いです(向こうから寄ってきたのでこれ幸いと)
安くなりました!だが、こちらの希望価格とはまだ少し開きがある、その値段だと仕入原価割れってことで、まあギリギリのラインまで安くしてもらったのですが、家に帰ってきてから気づきました・・・
型番が違う!
ボクが見てたのは昨年2月発売モデル
しかし今買ってきたモデル、これ一昨日発売したばかりの最新モデルですね!
で、再び価格.comで検索すると、めっちゃ安く買えてる!最低価格より1000円以上安いんですけど・・・
別に最新の高機能モデルが欲しかったわけではないけど、安く買えたならいいかwヤマダ電機さんいつもありがとう(ヨドバシとヤマダは本当に安くなるので好きです)

そういうことでバッファーローのまだ1年程度しか使ってないルーターをこのNECに変更

ええ、あっさり繋がりましたね
あんな何時間もの苦労はなんだったのかって感じですが良かった良かった

以上です!




  1. 2017/04/15(土) 16:24:16|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

TAKE



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する