TAKE@Z4

クルマ・写真・ホビー・音楽、いろいろと語っちゃいます

ゆるキャン△おじさん、本栖湖浩庵キャンプ場で今年4回目のキャンプする。そしてドコモから発売が決定したHuawei P20 proのカメラ性能テストも兼ねる!あとカヌーもしたよ

本栖湖ゆるキャン!


もう4回目ですが、4回目にしてはじめての悪天候も経験しました。
そんな本栖湖浩庵キャンプ場でのソロキャンプを、ドコモから独占販売される新スマートフォンHuawei P20 proのグローバル版で撮ってきたのでその写真を中心に綴ります

本栖湖ゆるキャン!
到着した本栖湖は予報から一転、非常にいい天気でしたが、風が強い!
カヌー2回目の挑戦でしたがなかなかこの風に難儀することに・・・

本栖湖ゆるキャン!
本栖湖は動力源付き船艇の使用禁止なのでかなりまったりと舟あそびを楽しむことができます。

本栖湖ゆるキャン!
湖の色が過剰なくらい青いですが、これほぼ見た目通りなんですよね。さすが日本随一の透明度を誇る本栖湖です

本栖湖ゆるキャン!
お昼を過ぎた辺りから富士山を覆うように雲がでてきました。
そして何やら波打ち際(?)に濁りが・・・あとで判明しますがこれ、富士山方面から飛散した砂のようです

本栖湖ゆるキャン!
P20 proのAIによるシーン判別は非常に優秀で、的確に写真を補正します。(補正されるのが嫌であればOFFにもできますし、PROというモードで撮影すれば一眼のMFモード並に自分で設定できます)

本栖湖ゆるキャン!
焚き火の炎もこの通り、炎の明るさに露出を引っ張られることなく全体を映し出し、周囲の質感も残していきます(木目とか注目)

本栖湖ゆるキャン!
暗所での高感度撮影に最も力を発揮するカメラ。

本栖湖ゆるキャン!
ここまで階調を残すんです、最近のスマホカメラは



あまり使い所がないスーパースロー


そしてここからがその実力

本栖湖ゆるキャン!

ƒ/1.8 SS/20 ISO1250
かなり雲が多い中で一瞬雲間から現れた星空です。
さすがに三脚を使用していますが、スマホカメラでここまで星が撮れます


本栖湖ゆるキャン!
ƒ/1.8 SS/30 ISO800
設定はすべてプロモードで自分で設定した数値です
星空は肉眼で確認出来ましたがこの巻雲は写真に撮ってから気づきました。
たぶん、そこらのコンデジよりは遥かに高感度性能は高いです。
といってもこのスマホカメラ、最大ISO102400となるアップデートをこのあとに控えているのです。さてどうなるのか・・・(画質は上がらないと思いますが、撮れる暗さが広がるということ)

この星空を雲が覆ったあとかなり強い雨が降りました。

本栖湖ゆるキャン!
翌日、夜明け頃はまだ雲に覆われていた本栖湖はボクがカヌーを漕ぎ出す頃には青空も出始め、青空と手の届くような低い雲という面白い景色を見せてくれました


本栖湖ゆるキャン!
クローズアップ撮影、さすがにマクロレンズ並みとは言えませんがそこそこ近づいて撮影することができます。

本栖湖ゆるキャン!

本栖湖ゆるキャン!
先述のAIによるシーン選択ですが、こういった場合、「花」で撮りたいのですがここでは「草木」を選択されてしまいました。
こういった場合に自分で選択できれば良いのですが、今後のアップデートに期待します。

本栖湖ゆるキャン!
アクアブルーとでもいいましょうか、この色。これもほぼ見た目の通りの色です。本栖湖は場所や天気、時間帯で色が変化する興味深い湖です。

本栖湖ゆるキャン!
帰る直前。ようやく富士山と再びご対面。
やっぱり富士山はいいぞ

本栖湖ゆるキャン!

本栖湖ゆるキャン!
あと、ボクの愛車 BMW Z4
オープンカーの魅力、もっと伝われ!

本栖湖ゆるキャン!
またまた先ほどとは違う色を見せてくれる本栖湖です


本栖湖ゆるキャン!
ちなみに冒頭のこの写真、3倍モードです。
スマホの倍率モードといえばデジタルズームが定番ですがP20 proはトリプルレンズ搭載でそのひとつにこの倍率を担わせているのでデジタルズームのような劣化がなく充分実用レベルになっています。


ということで何が言いたいかと言うと

P20 proは良いスマホだし、富士山は日本人の心だし、本栖湖浩庵はオタクの聖地だし、Z4はただただかっこいいし、カヌーは気持ちいい!

以上!



  1. 2018/05/20(日) 22:41:42|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0

ゆるキャン△おじさん、なぜかカヌーに手を出す。そして亀山湖でカヌーデビュー

もうゆるキャン何も関係ないです。
でもアウトドアに興味を持ったら引き下がれなかった・・・本栖湖浩庵キャンプ場でキャンプしながら本栖湖を漕いでみたかったん

ということで、以前から興味を持ちつつなかなか手が出なかったカヌーにとうとう手を出してしまいました。

とはいえ、ちゃんとしたカヌーは保管場所や運搬方法などかなりハードルが高いのでインフレータブルカヤックというもの。
いわゆるカヌー型のゴムボートを購入してみました。

INTEX チャレンジャーK2 
国内ではAmazonなどで10000円~15000円程度、海外では55ドルほどで買えてしまうお手軽カヌーです。
重量はそこそこありましたが、なんとか担いで運べるほどでした。

亀山湖カヌー
ここに本体、パドル、シート、空気入れなど一式入っています。ちょうどIKEAの大きい方のショルダーバッグと同じくらいです。

コレとは別に用意したもの
・救命胴衣(エアー式)
・リーシュコード(パドルの流れ留め)
・防水バッグ
などです。機材系も一通り防水仕様のものですが、全部もともと持っていたので追加費用はかかっていません。

亀山湖カヌー
本体をひろげるとこんな感じ。意外とでかい
付属の空気入れで頑張れば5分程度で空気入れ終わります

・・・が、入れ終わったと同時に空気入れは壊れましたw他の方のレビューでも見かけたのでちょっと弱いようです

亀山湖カヌー
空気入れが簡単に壊れてしまったのでちょっと不安になりましたが、本体はかなり丈夫な素材でできているようで、最後まで特にトラブルもなく乗れましたよ

さて、本栖湖で漕ぐために買ったカヌーですが、まずは練習も兼ねて千葉県の亀山湖にやってきました。
ここはブラックバス釣りでも有名ですが、千葉のカヌースポットとしても有名だそうです・
その亀山湖で唯一持ち込みによるカヌーが出航可能なのが笹地区湖畔公園という場所。
しっかりと整備されているので勝手はよさそうです。




亀山湖カヌー
夜が明けて朝陽とともに朝もやの立つ亀山湖でいざ出航です。


亀山湖カヌー
ふお――――――――――!
気持ちええー!

亀山湖カヌー
亀山ってただのダム湖だと思ってたらめっちゃ自然豊かで、場所によっては本当にジャングルクルーズしているかのような場所もあって満足度が高いです!


今回動画も撮ってますのでぜひ体感してみてください


最初は笹川を行けるところまで行って折り返してきました(動画)

ちょこっと休憩して帰るつもりだったのですが、これはもったいない、満喫したい!
ってことで2回目の出航です。

笹川方面とは反対に押切沢という場所に向かいます。

亀山湖カヌー
水天宮様にお参りしつつ、進んでいくとこれまた鬱蒼とした場所になります

亀山湖カヌー
途中で神々しい亀様にご挨拶をしつつ更に進んでいくと

亀山湖カヌー
見事な滝が!
これが押切沢の滝と呼ばれる滝で、遊歩道などからはアクセスできない場所にあるため水路でしか見ることが出来ないそうです。

亀山湖カヌー
ここまでくると水の透明度もあがり、水中の稚魚などもかなり見ることができます

亀山湖カヌー


それぞれのルートがおよそ往復で4km程度なので8kmほどのカヌー行程でした。

体中パンパンですが、これはやみつきになる爽快感


やらないで後悔するよりもやって後悔しよう
いや、たいていいつも後悔しないから!



次は本栖湖でゆるキャンカヌーだな



  1. 2018/04/29(日) 21:32:10|
  2. カメラ・写真・旅行記
  3. | コメント:0

ひたち海浜公園のネモフィラを見てきた (Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか その3 #Huawei #P20pro


ゆるツーのつもりが何故かこんな遠いところまで・・・

2018.4.20のひたち海浜公園ネモフィラの丘はまさに見頃でした

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ

ネモフィラ
本日の愛車 YZF-R15


うーん、P20proの画面ってかなり輝度が高めなんですかね?
家のEIZOのカラーマネジメントモニターで見ると結構暗く写ってますね
参考のため画像はいじってません、スマホからの撮影データをそのままFlickrにあげてます
  1. 2018/04/20(金) 20:32:57|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか その2 #Huawei #P20pro


房総半島をドライブしてきたついでに

Huawei P20pro
星景撮りたかったんですけど雲が・・・それでも雲間から肉眼では見えなかった星が撮れてます

Huawei P20pro
朝焼け・夕焼けモード


Huawei P20pro
九十九谷展望公園から見える雲海です

Huawei P20pro

Huawei P20pro

Huawei P20pro
房総スカイラインのパーキングから

Huawei P20pro
道の駅ローズマリー公園
青空モード

Huawei P20pro
モノクロモード

Huawei P20pro
花モード

Huawei P20pro
アパーチャで背景ぼかし

Huawei P20pro

Huawei P20pro


Huawei P20pro
稲毛海岸
夜景モード

Huawei P20pro

Huawei P20pro

  1. 2018/04/19(木) 22:50:59|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:0

Huawei P20 proカメラのサンプル画像とか #Huawei #P20pro

先日購入したHuawei P20pro。
スペック上では他機種を圧倒するスマートフォンですが、実際に写りはどうなのか?

ということで千葉市動物公園で試しに撮ってきました。
画像クリックでFlickrページに飛びます。
そちらでオリジナル画像のダウンロード、EXIFデータの確認もできますのでどうぞ

4000万画素
いきなりですが最高画質の4000万画素写真です。
といってもブログ用の縮小かかった状態です。

あえて、元データのままのせるとこう

4000万画素
スマホとかから見ると縮小かかっちゃうかな?
四隅はさすがにちょっと流れてます。が、中心付近の解像度は一眼レフ機並


高感度
これは夜行性動物がいるゾーンで夜間撮影モードで撮影したもの。
かなり薄暗い環境での手持ち撮影です。
ISO1000 SS1/17 F1.8


高感度
こちらも同じく夜行性動物ゾーン
ISO5000 SS1/17 F2.4

ちなみにおなじ条件のものをソニーの1インチセンサーコンデジRX100M2でも撮ってみました
高感度
ISO25600 SS1/6 F4.5

それぞれカメラにお任せでの撮影ですが、RX100M2がISO25600なのに対し、ISO5000で撮影したP20pro。
出てきた絵にそれほど違いが感じられないと思います。
てかスマホでここまで撮れるのはやはりすごい

ついでにズーム性能も比較。
RX100M2とP20proでは画角が違うのでおおよそ似たようなところで比較してます

RX100M2 等倍
1倍


P20pro 等倍
1倍




RX100M2おおよそ3倍(光学ズーム)
3倍

P20pro 3倍(光学ズーム)
3倍




RX100M2おおよそ5倍(デジタルズーム)

5倍


P20pro 5倍(デジタルズーム)
5倍


縦位置、横位置で撮ってしまう、色温度を合わせてない、という致命的なミスをしていますが、遜色ないんじゃないでしょうか



その他、いろいろ撮ってますが、いずれもスマホ任せのオート撮影。
AIにより的確に被写体を識別し最適なモードに切り替えていきます。

ただし、風景の遠方に動物なんかが居るシーンではやはり風景と認識したり、ライオンを背中から狙ってもペットとは認識してくれなかったりとかがありました。人間ほどの識別はまだ難しいのでしょうね

いろいろ

いろいろ
とにかく逆光に強い。今回撮影してませんが夜間に光源が奥にあっても手前の被写体をしっかり捉えます

いろいろ
残念ながらペンギンをペットとは認識できず。4本脚とかが条件だったりするのかな

いろいろ
色鮮やかな体毛を再現できてます

いろいろ
中程にピントをあわせ、手前と奥をうまくぼかしてます
先程の写真でもありましたが広角の明るい風景では周辺減光と流れは気になります


いろいろ
AIは青空をピックアップしました
ちょっとサバンナっぽい風景。千葉だけど

いろいろ
空の明るさに引っ張られることなく緑を映しています



自宅での試し撮り
フィギュアを撮ってみました

アルター絢瀬絵里

アルター絢瀬絵里

アルター絢瀬絵里
接写もこなせます。が、瞳にピントを合わすのがなかなかむずい。このへんの歩留まりは一眼のほうがいいですね。


一番試したいシーンは星景写真なんですが、P20pro購入後、全然夜に晴れません・・・・





  1. 2018/04/17(火) 20:09:01|
  2. PC・ケータイ・デジタルデバイス
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

TAKE



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

ようこそ~


↓ツイッターまとめはこちら http://twilog.org/takegtx

カテゴリー

月別アーカイブ

文字を大きく・小さく

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

RSSフィード

My Yahoo!に追加

リンク

このブログをリンクに追加する